FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1492

ういらん

 我ら日本人、永遠のご馳走といえば“たまごかけご飯”ですが、ただ今では専用のお醤油が発売されたり、いろいろなバリエーションレシピ、各人ご自慢の作法、食べ方が発表されたりとたいそう賑わっております。

 今回は、シンプルに玉子のみ。

ご飯とたまご

 玉子は、そのニワトリが初めて生む初卵〈ういらん〉というやつで、若干小粒でございます。したがってご飯も小盛りで。

 ここからは私のやり方です。

 ご飯の頭をへこませて、そこに玉子を落としたら…

ご飯に落としたたまご

 素早く白身だけをご飯に鋤き込みます。

白身をご飯に埋める

 箸と米粒で白身のコリをほぐします。

 ここに醤油を落として、まずは白身ごはん。

醤油を落として白身ごはん

 シンプルな旨み、ご飯が熱々で、ところどころ蛋白が固まっていると、なおよろしい。

 つづいて黄身ごはん。

黄身をつぶして黄身ごはん

 黄身をつぶして、濃厚な黄身を味わう。

 そしていよいよ二色混合。

いよいよ混ぜて食べましょう

 混ぜながら食べます。初めは雑に味ムラをたのしみ、やがてすべてが混ざります。

 ういらんによる、シンプルな玉子かけご飯。

 やっぱり“ういらん”は、味が濃厚で普通の卵と全然違いますねえ…と締めれば、記事も形よくまとまるんですが、私の舌では、どうも普通とそんなに変わりませんでしたな。



 



 

スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/01/26(金) 11:48:59|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<紀行控 26 | ホーム | プロレス懐古 21>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2619-1c01ac0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1682)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR