FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1511

おでんで一杯

 まんが『おそ松くん』に登場する“チビ太”がいつも手に持っているのは“おでん”。そう、昔は下町っ子のおやつでした。夕方になるとチリンカランと鐘の音、屋台が駄菓子屋の前に着く。10円握って集まる子どもたち。人気ははんぺんだけど、高くて買えないから、みんなボールかちくわ串。外で遊んでいるくせに手も洗わず、キャッキャと騒ぎながら食べるおやつはおでん。

 今回は下町風でまいりましょう。焦がし醤油で色を濃く仕上げたい。

 お鍋にザラメとお醤油を沸かします。

ザラメと醤油を焦がす

 混ぜながら煮詰めて、焦げる手前で出汁をこして溶かします。

出汁を越してあたためる

 今回はサバとカツオの混合節です。色は黒いがしょっぱくないを目指します。

 温まった汁の味を見て、納得したら、下茹でしたコンニャクを浸し、弱火で煮込み。

下茹でしたコンニャクを浸す

 コンニャクにはフォークで無数の穴を開けてあります。

 同じく、大根と焼き豆腐も浸して煮、一晩冷まします。

一泊組の三種

 これらが前泊組。

 そして翌日、練り物や、がんもなどを加えて、今年のおでんとなりました。

今年のおでん

 食べごろになったら、端っこで酒を温める。

酒を温める

 こういう時は安い酒がいいですな。熱燗して鼻にガツーンとくるやつです。

おでんで一杯

 料金を気にしないで、好きなだけ自分で装う自宅のおでん。子どものころのおやつとは景色がだいぶ違いますが、味は懐かしく、イメージどおりにできました。寒い夜に熱燗とおでん、これは最高であります。

 そして翌日の昼、今度はフランクなどを追加して、ドリンクはビールです。

二日目はフランクで

 大人のおやつです。天気の良い真っ昼間、アツアツおでんに冷たいビール、これまた最高。

 そして仕上げは、汁かけ焼き飯。

汁かけ焼き飯

 鰹節と醤油を混ぜ込んだ握り飯を焦げるほどに焼いて、おでんのつゆをかける。わさびを溶いて、端から崩してザバザバとすすります。お茶漬けのおでん味ですが、これが中々美味いのです。








スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/02/25(日) 11:31:50|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 487 | ホーム | 食味雑記 1510>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2650-1fe8c03f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR