FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 160

TRADE MARK [K] 2

 壊れた古い柱時計。

1-もらった柱時計

 振り子のガラスに“ANSONIA”の文字。

5-ANSONIAの銘

 そして文字板にはTRADE MARK井桁にK。いったいどんな時計なのだろう。

 これから探検してみます。

 真鍮製の見返しリングから止めネジを外し、文字板を開け、中を覗いてみます。

11-中の機械

 機械は損傷なさそうです。

 刻印は“ANSONIA”。

12-ANSONIAの刻印

 年代は打っていないようですが、機械はアンソニアで間違いなさそうです。

 ではここから、機械を取り出し、掃除を始めます。

 まずはガラスの拭き掃除。

13-ガラスの拭き掃除

 薄めた中性洗剤をポロ布につけて拭きますと、曇りが晴れて、原色が浮き上がってきます。

 お次は箱の掃除。

13-機械を取り出し箱の掃除

 機械を取り出した後の空箱からゴミを掻き出し、雑巾で拭きます。
 写真に映っている三角の箒は自家製、というか100円ショップの卓上箒をカットしたものです。実はこれ、ざしきわらしの情景演出のために買ったやつです。この部分↓(玩具工作控 422)

枯草を植えたら

 話が横にそれましたが、ジオラマには少ししか使わなかったので、余った本体を鋭角にカットして、箱状の角を掃除しやすく改造したというわけです。

 時計に戻りましょう。

 木枠は、やはり薄めた中性洗剤を含ませた布で拭き掃除。

14-木枠の掃除

 左が掃除前、右が掃除後、木目が蘇ります。

 箱も同様に、丹念に拭きあげます。

17-箱を丹念に磨く

 よみがえる木目を見るのは楽しいけれど、手はかさかさ、部屋をただよう廃屋のような匂い。

 真鍮製のガラス枠や見返しリングは、目の細かいサンドスポンジで錆を落とし、布で拭きあげ。

15-フレームの掃除

 新品復元をめざしているのではありません。手入れされた古民家のような清潔感を目指しています。つまり時の経過を残しつつ、汚い印象を与えない作りです。

 文字板は固い水拭きで。

16-文字板の掃除

 へたな知識で洗剤を使ってしまって、印刷まで剥げてしまったらパーですから。

 針は、形を整えて、布で拭きあげ。

18-針の掃除

 必要に応じて、目の細かいサンドペーパーで錆だけ落とします。

 さあ、汚れを落とす作業が終わりましたら、今度は補う作業へと移行します。

 すでに汚れを落とした振り子窓のガラスを、修理した木枠に嵌め込んでみますと、裏打ちの黒がところどころ剥げ落ちています。

19-剥げ落ちた塗り

 クレーターのようにブツブツと剥げ落ちた黒塗装。せっかくのアカンサス模様がチラチラと輪郭がぼやけてしまいます。

 裏返して黒のラッカーで刷毛塗り。

20-ラッカーで塗る

 こんな風に模様が蘇りました。

21-直した扉

 これで振り子窓の扉は修理できました。

 ええ、物が大きいです。今回はこの辺にしまして、続きはまた次回。















スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/15(木) 11:05:35|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1523 | ホーム | 食味雑記 1522>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2658-2b5b4370
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR