FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 161

TRADE MARK [K] 3

 古い柱時計の大掃除。

 こちらは取り出した機械です。

22-機械を取り出し振り子かけをはずす

 振り子かけを外しました。いわゆる振り竿という、アンクルと振り子を仲介する棒です。デリケートなものなので、掃除前に取り外します。

 本来ならば、分解掃除を理想としますが、なにしろ未熟な技術ゆえゼンマイの大爆発も恐いので、今回は組んだままの注油と、ゼンマイの拭き掃除に留めます。

 固まったゼンマイにCRC556を少ししみ込ませ、慎重に緩めながらほどいて、布で拭きあげました。

25-ゼンマイを掃除

 友達の時計師から、CRC556は耐摩耗性が低い設計だから摩擦する箇所には使わないようにと指導されているので、今回は固まったゼンマイを切り離す目的のみに使いました。

 注油は金属同士の摩擦を防ぐタイプをごく少量。

23-油を注して

 そして時報を打つハンマーには、皮を巻きました。

24-ハンマーに皮を巻いた

 音をマイルドにする目的です。文字で表すのは難しいですが、本機のような渦巻きタイプの鐘は、そのまま真鍮で打ちますと「ビェーン、ビェーン!」とホラー映画みたいになるので、皮を被せてマイルドに「ブホーン、ブホーン」と鳴るようにしました。

 機械を箱に収納。

26-機械を箱に収納

 振り竿を元の位置に取りつけ。

27-振り子かけを取り付け

 文字板を見返しリングにはんだ付けして、木枠にネジ止め。

28-文字板を取り付け

 まず分針のみをつけて回し、00分位置と時報を確認。

29-分針位置を確認

 鳴り始めの位置を00分、鳴った回数が三回だから、三時ちょうどに針を取り付け。

30-時報を確認して針を取り付け

 ガラスの蓋をしめて、振り子窓の扉を設置。

31-振り子扉を取り付け

 これで出来上がりです。

 コックン、コックンと古い映画に出てくるような音を奏でる振り子が、窓の中央を左に右に。

32-小窓にのぞく振り子

 蘇った木目も美しい、古い柱時計。

33-美しい木目

 文字板の「K」とアンソニアの関係の謎ですが、どうも昔は輸入した機械を組み立てるメーカーが国内にあったらしく、文字板のトレードマークはそこの商標らしいです。つまり、K社が組み立てたアンソニアといった形です。ただK社の正体がわかりませんでした。
 謎は残りますが、実に味のある、使える時計が出来ました。

34-出来上がりです

 本日の控え、 ANSONIA製機械 組み立てメーカー不明、年代不明の八角時計 でした。

 不明尽くしで終わりましたが、時計として使え、見た目も美しいから、これでよろしんじゃございません?アンソニアは1929年に暖簾をおろしているので、少なくとも80年から100年前の品物。それが今、現役復帰を果たしたのですから、私にはそれだけで十分です。







 

 


 


 


 



スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/21(水) 10:51:24|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1527 | ホーム | 食味雑記 1526>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2659-cdea43a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR