FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 162

EDOX DIAMATIC 3000

ジャンク時計です。

1-ジャンクのエドックス

 EDOX〈エドックス〉です。おそらく1970年代と思われます。

 今回のは、ジャンクもジャンク、大ジャンクです。

2-傷だらけのボディ

 キズだらけのケース、ガラスの縁は埃と汚れでカッチカチ。

 ちぎれた先カン。

3-ちぎれた先カン

 上の写真でわかる通り、先カン(バンドとケースの連結部品)がくっついたまま、金属バンドが切れてます。

 外してみると、初めて見る構造でした。

4-めずらしい先カン構造

 ケースとバンドの連結部分と、バンドの中二列分がセパレートになっています。多くの場合はバンドの中列が連結部品そのものとなりますが、このモデルの場合は、中の二列は飾りとなってケースに彫られた溝に嵌るだけ、そして連結部は別に設けられています。したがって二階建て、つまり厚みがあります。

 裏ブタも固まってて開けにくい。ガサガサガサ…と、錆びた刀を抜くように回してみますと、粉だらけ。

5-錆びの入った中

 錆が中まで侵食してました。

 パッと見て、側止めネジが無いことに気がつきます。

6-側止めネジがない

 その割にはガタつきが少ない。というかムーブメントが取り出せないほど動かない。

 ヒントはベゼルに?とガラスとベゼルを外しましたが、まだビクともしない。

7-ベゼルを外した

 あちこち見まわして、汚れで気づかなかった樹脂パッキンを発見。

8-パッキングを取ります

 なるほど、これは丈夫です。衝撃吸収にもよさそうです。
 
 こうなると、たがを失った中身が自由になって、裏から腐ったパッキンがボロボロボロ…。

9-裏のパッキンはボロボロ

 きれいに掃除しますと、パカっと中枠リングが外れました。

10-中枠リングがありました

 なるほど、これなら側止めネジがなくてもしっかり固定されているわけです。

 外装バラシだけでひと仕事、今回はここまで。










スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/03/28(水) 11:19:23|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1532 | ホーム | 食味雑記 1531>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2687-247409a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1682)
時計 (239)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR