FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 163

EDOX DIAMATIC 3000 2

 ジャンク時計の大掃除。70年代とおぼしき自動巻きのエドックス。

9-裏のパッキンはボロボロ

 まずは錘を外します。

11-錘を取りました

 なにやら汚いけれども壊れてはなさそうです。

 ケースから中身を取り出し台に固定。

12-高い植字です

 いやはや高い植え字ですねえ。ひとつひとつがお家みたい。このように太くて短く、高さのある時字は、文字板に力強い表情をつくります。とても男性的。

 文字板の下には二色のカレンダー。

13-二色のカレンダー

 白と黒といった最強のコントラストも力強さを表現できます。過去にいじったセイコースポーツマチック5もそうでしたっけ。(時計道楽149)

 曜板を開けました。カレンダーの送り構造です。

14-カレンダー送り機構

 裏返して時計側まいりましょう。

15-時計表側

 テンプ下に刻印がありました。

16-ETA2789の刻印

 “ETA2789” です。6ビート、パワーリザーブ48時間。ムーブメント情報につきましては、こちら↓を参考にさせていただきました。

 http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&ETA_2789
 
 続けてまいります。

 自動巻きの巻き上げブロックを外しました。

17-巻き上げブロックを外しました

 つづいて脱進機と中受けを外しました。

18-脱進機と中受けを外しました

 つづいて香箱受けを開けます。

19-香箱受けを開けました

 時計側輪列を全部外しました。

20-輪列を取り除きました

 裏返してカレンダー側を見ます。

21-カレンダー側

 写真下の方のカレンダー押さえを開けてみると、しっかりしたU字バネが組み込まれてます。薄さを追求した設計ですと、このバネが薄くなっていて、うっかりするとテレポートして消えたりしますが、本機のは巾も厚みもあって組みやすいです。

22-日板送り構造

 カレンダーを外しました。

23-カレンダー外しました

 ガッシリした地板が頼もしい。

 部品を洗って組み立てました。

24-組み立てました

 次回は側付け作業。しかし、金属バンドが切れているんです。さてどうしたものか?










スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/05(木) 11:13:31|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1538 | ホーム | 食味雑記 1537>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2699-aff36839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR