FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 14

革ベルトの装い

 これは先のエクシードと一緒に実家から電池交換を頼まれた、シチズンのドレスウォッチです。
 シチズンドレッセル
 
 裏蓋を開けて中を見てみますと
電池交換前
 器の割りに小さなムーブが収められています。キャリバー6030、男女兼用の汎用ムーブですね。ケース裏もだいぶ汚れているので掃除して、電池を収めてあとはベルト交換です。

 今回は革ベルトが時計におよぼすイメージの違いを実際に着せ替えてみて、取り付けるデザインを決める参考にしてみたいとおもいます。

 まず、こげ茶の牛革をつけました。
こげ茶の牛革をつけてみた
 写真では黒っぽく見えますが、つや消しのこげ茶です。茶色は暖色なため金メッキのケース、薄い金色の文字板に良く合ううえ、牛革の暖かい質感が、カジュアルな感じを与え、汎用性の広い時計に仕上がります。この時計のオリジナルはこういう仕様でした。

 次に茶色でもワニ革にしたらどうなるか?
茶色のワニをつけてみた
 グっと老けたメイクになりますね。ワニ革がもつ高級感がドレスウォッチとしての個性味を高める上、骨董アンティ-クを連想させる色や質感がクラシックな装いを演出します。

 そしてワニ革を黒にした場合では
黒のワニをつけてみた
 茶色の温かみが消えてフォーマルな装いになります。ことにこのようなツヤ有りの黒は、ピアノや万年筆などといった黒い漆塗りとイメージが重なるため、厳粛で高級な感じを得られます。
 ま、早い話が「高そうに見える」ってことですかね。この時計の持ち主は喜寿を迎えたおじいさんですから、今回はこれで行こうと思います。

ドレッセル完成
 いろいろと知ったようなことをずらずら述べましたが、以上は私の個人的見解であって一般論ではありません。時計の革ベルトを取り替えることにより一個の時計でも味付けが変えられるという楽しみを、私は控えておきたかったわけです。
スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/07/22(月) 21:15:57|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<眼病控 25 | ホーム | 食味雑記 104>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/270-589e26d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR