FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 164

EDOX DIAMATIC 3000 3

 ジャンク時計の大掃除、中身が終わりました。

24-組み立てました

 上の写真は手巻き状態の機械。ここに巻き上げ機構を組み込みます。

25-巻き上げブロックをつけました

 穴の開いた双子の車が機能することで、錘がどちらに回転しても動力ゼンマイが巻き上げられる仕組みとなっています。いわゆる両巻きというやつです。

 さて文字板を組もうと、巻真を挿そうとしたら、先っぽがねじれてます。

26-巻真がねじれている

 いったいどんな力でねじったら、こうなるの?
 まあ、90度曲がっているわけではないので、あやしながら組み込みました。

 針をつけました。極太の針が精悍な顔つきを演出します。まるでスポーツウオッチ。

27-力強い文字板のデザイン

 秒針の座もユニークです。

 ケースに収めて錘をつけました。

28-ケースに収め錘をつけました

 金色の砂時計がエドックスのトレードマーク。

 腐ったパッキンの代わりに、手ごろなOリングを嵌めまして、裏を閉め、時計ヘッドの完成です。

29-ヘッド完成

 外周多面カットのガラスがしゃれてます。

 しかしバンドが切れている。溶接の設備も経験もなし。家庭でできる範囲として、ステンレス用フラックスを用いてはんだ付けにしました。

30-切れたバンドをハンダ着け

 では鑑賞です。

31-バンドをつけました

 とても堅牢で男性的なデザイン。ステンレスをたっぷり使った頑丈な仕立てでありながら、上手に金色を用いてスポーツ的になりすぎず、実用時計としての風格を高めてます。

黒と金のコンビ

 金色の砂時計マークに太いブロック体のロゴは、いかにも逞しい男性的なイメージ。針を貫く黒い線は、太い針の中心を示すと同時に、広い面積の退屈さを引き締め、スピード感を演出しています。

正面より

 1970年代といえば自動巻き全盛期。太くて高さのある植字に太い針、そしてカットガラス風防は、70年代を象徴するようなデザインです。

 本日の控え EDOX DIAMATIC 3000 ETA2789 21石 推定1970年代前半 となります。

 現在のエドックスは、高級スポーツウオッチを幅広く展開中。日本公式ページはこちら。→ http://www.edox.jp/
 最新モデルもカッコイイよ。

 









スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/04/11(水) 10:52:15|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1542 | ホーム | 食味雑記 1541>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2700-140842c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR