FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

菜園記 280

トマトの芽掻きと夏物の種まき

 種から育てているトマトたちは、まだ小さいのですが、市販苗のミニトマトはだいぶ大きく育っています。
 したがって脇芽掻きが本日の作業。

 「トマトは花の下を伸ばすな」 …なんてことを申しますが、花の下ってどこ?

 ここです。

トマトの脇芽

 主幹から伸びる葉っぱの付け根から生えている小さい芽。
 これを摘み摘みいたしますと、こうスッキリ。

脇芽を摘みました

 実に栄養を送るための作業です。

 このあと梅雨の水分をたっぷり吸った雑草たちの除去作業。素手でむしりむしり。これが長かったです。

 その他の野菜です。

 順調に花は咲いたものの、花期に雨に降られどおしで、結局あまり盛り上がらなかったベニバナ。

盛り上がらなかったベニバナ

 花も終わってしまいましたので撤収です。

 トウモロコシの第一組は、いよいよ花を伸ばし始めました。

トウモロコシのひげ

 枝豆も葉っぱをよけると、若い鞘が下がっています。

エダマメの若さや

 実つきが悪いです。ガックシでございます。

 ひと月ほど前に種を播いた南方野菜の数々、現在の様子です。

 まずは人気のパクチー。

パクチーの芽

 別に好きなわけではありませんが、何となく夏の南方お料理に添えたい野菜なのです。

 ツルムラサキは4年ぶりの栽培です。

ツルムラサキ

 そんなに美味しいとは思いませんが、栄養がいっぱい。4年ぶりで食べたくなりました。ヌルヌルが体にいいのです。

 オカヒジキです。

オカヒジキ

 こちらは2年ぶり。こいつは美味しい。サクサクと軽い食感にクセのない味。それでいて栄養満点。食べる分には言うことなしですが、収穫が面倒くさいのです。

 このあと、空いている場所に夏物の種を播きました。
 ベニバナのあと地には、スープセロリとスティッキオなるサラダ野菜。

スープセロリとスティッキオ

 スティッキオは、馴染みのない名前ですが、袋の写真を見ますと、どうもウイキョウみたいですね。西洋風に申しますとフェンネルというやつです。上手くできるかどうかわかりませんが、試してみましょう。

 タマネギのあと地には、エンツァイとエゴマ。

エンツァイとエゴマ

 エンツァイは夏に欠かせないクウシンサイです。
 エゴマは今回はじめて栽培します。焼肉を巻いて食べたいな。

 そして、トマトの株間に例年通りバジルを播きました。

 一通りの作業を終えまして、 ジャガイモを二株ほど掘りました。

ジャガイモを少し掘りました

 デカいのがゴロゴロです。今年のジャガイモは良さそうです。

 ニラが花のつぼみをニョキニョキと伸ばしています。

ニラの花

 ちょこんと白い雫型、ポキリポキリと摘みました。
 ついでにニラも少々収穫。

ニラの束

 元気野菜をいっぱい食べよう。

 家に帰ったら、お風呂に入っておビールです。

ニラの花でビールを飲む

 今日はとれたてのニラの花と豚肉の唐辛子炒め。

ニラの花は甘い

 ニラの花は、葉よりは香りマイルドで甘みがあります。
 この時期だけのご馳走です。

 午後には雨が降るというので、午前中のうちに作業を片付けようと、10時に家を出ましたが、このお昼ご飯にありつけたのが午後三時。長かったわぁ。














スポンサーサイト



テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/06/23(土) 18:01:13|
  2. 家庭菜園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1582 | ホーム | 玩具工作控 506>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2797-6f2948cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR