FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 179

TAVANNES懐中時計 2

 古い懐中時計の機械です。

8-ムーブメント

 壊れていないので勝手に動いちゃってますけど、ばらしてみましょう。

 テンプを外します。

9-テンプを外しました

 つづいてゼンマイをほどいて、脱進機アンクルを外します。

10-アンクルを外しました

 順にまいります。ガンギ受けを開けます。

11-ガンギ受けを開けました

 続いて四番受け。

12-4番受けを開けました

 輪列レイアウトです。

13-輪列レイアウト

 眺めているだけで楽しいです。

 殊に歯車の梨地がいいですね。

15-歯車の梨地に重みがある

 重厚感が漂います。

 香箱受けを開けましょう。

16-香箱受けを開けました

 正面から見てみよう。

17-受け全オープン

 巻真を押さえるオシドリが、地板側から引っ張るのではなく、香箱受けから押すタイプというのは初見です。

18-巻真のまわり

 部品を洗って組立に入ります。
 古い時計を磨いてみたら、意外に綺麗になりますもので、次の写真小さいほうの歯車は赤粉で拭いたもので、隣の大きいほうは磨いていません。きれいなようでだいぶ曇っているようです。

19-磨きの効果

 組み上がりです。

20-組み立てました

 いい眺めです。こういうのが好きなのです。

 文字板側はこうです。

21-文字板側

 下の方にナンバーが打ってあります。

22-地板のシリアルナンバー

 地板のシリアルで年代測定をしようと思いましたが、判りませんでした。針回しがりゅうず式なので、そんなに古くはなさそうです。


 文字板を拭きまして、針をつけました。

23-針をつけました

 クローズアップで見ても美しい。まさに今、出来立てのようです。

 ケースも磨きましたが、劣化はそのまま、時代として楽しみましょう。

24-ケースを磨いて

 時計をケースに収めました。

25-ケースに組み込みました

 実にクラシックな風景。

 本日の控え TAVANNES WATCH CO. 15石 年代不明 でした。

26-TAVANNES懐中時計

 手で裏蓋を開けられる、この手の時計は、動きが直に楽しめて楽しいものです。

 殊に蓋に映る姿がたまりませんね。

27-蓋に映る機械の美

 金属の奏でる音と動きに、しばし見入ってしまいます。

 1891年創業のTAVANNES時計、現在のコレクションはこうなっています。

 https://www.tavanneswatches.com/


























 

スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/09/19(水) 10:59:23|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1639 | ホーム | 食味雑記 1638>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2898-6f4dc697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR