FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1654

鶏の肝

 鶏の肝、つまりレバーは豚のそれと違いましてキメが細かく、舌触りも滑らか。今回は鶏の肝で二品でございます。

 まずは焼きものです。

 形のいいところをそぎ切りにしまして、塩を軽く振ります。

鶏レバーに塩

 それを多めの胡麻油で焼きます。

胡麻油で焼いてます

 両面焼いたら、たっぷりの青ネギを投入。

両面焼いてネギ投入

 これでよろしいのです。ネギごと油ごと、お皿に盛りつけです。最後の仕上げに塩と胡椒ぱらぱら。

肝葱油

 鶏肝の葱油 でございます。
 モツ焼きやさんの炙りレバーをヒントにこしらえました。

ねっとりした美味しさ

 こいつはいいですよ、ねっとりしてコク深い、口当たりはまるでパテ、ビールにワインによろしいんじゃないでしょうか。

 さて、形のいいところを持っていかれたレバーの残骸。多くの場合は心臓〈ハツ〉も入ってますが、これらは飴玉くらいのブツ切りにしまして、油で炒めます。

レバハツとショウガ

 こちらの方は辛煮にしますので、たっぷりの生姜が肝心です。
 全体に油が回りましたら、麺つゆで味付け。

麺つゆをからめます

 ここは濃い目で行きましょう。佃煮ほどではないですが、ちょと濃いめに。

 汁気が飛んでタレっぽくなりましたら出来上がりです。カンタンでございます。

器に収めて保存できます

 肝の辛煮 でございます。

 こういう甘辛い煮物には、やはり白米です。

ご飯がすすみますよ

 このままでも美味しゅうございますが、さらに溶き玉子をかけました。

溶き玉子をかける

 肝に玉子で 肝っ玉ライス なんて名前はいかがでしょう?
 すき焼きみたいな甘辛ダレに生玉子はあうでしょう?これもそう。思いつきでやりましたが、なかなかの美味。
 滋養もあってお勧めです。

 









 



スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/10(水) 10:41:55|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計道楽 182 | ホーム | 玩具工作控 522>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2930-6b674d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR