FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

松屋銀座デザインギャラリー企画展

懐中時計礼讃

広告はがき

 銀座松屋で開催されている企画展『懐中時計礼讚』を見てきました。
 懐中時計なんて、どれも同じだろ?いえいえとんでもない。ここに並んでいるのは、いにしえの巨人たちが叡智を凝らして作り上げた科学技術と美の結晶であります。それもいいコンディションに調整された極美品ばかり。しかも嬉しいことに、外装の装飾に重きを置いたお姫様時計ではなく、時計そのものの美しさが表に出た王道コレクションだからもう目がくらくら。シンプルなショーケースに整然と鎮座まします巨匠たちの作品に、しばし呼吸を忘れてました。
 
 CADもモーターも無い時代、時計というややこしい物を美術品のごとく作り上げる手業の精緻に、驚きのため息。

細密な装飾

 手のひらサイズの空間に、必要なものがきっちり美しく収まって、リズミカルに動く密度感がたま5らない。

緩急微調整装置

 仕上げや材料も、時代や作家によって異なります。

見事な針

 細いところは限りなく細く引かれた、気品の高い数字。金を切り出して磨いた、レースみたいな透かし彫りの針に職人の執念が浮かぶ。

黄金の輝き

 梨地仕上げの黄金は厚みと堅牢感を醸し出す。
 
 以上はスマホの写真です。カメラを忘れて大後悔。この展示、11月5日までやってますので、近郊の方には実物をご覧になられてはいかがでしょうか。入場無料です。

 そして、この企画の本が出版されるというので、予約してきました。

本の予告

 懐中時計礼讚、ここで目にしたのは宝物クラスの極上品ばかりですが、懐中時計の面白さは、割と手軽に楽しめます。出会いさえあれば、何千円という金額で、100年物を味わうこともできます。骨董市やネットオークションを眺めてみれば、結構いろいろあるものです。下のは私の所有品。

手ごろな時計たち

 三千円から八千円で購入したものばかりです。ジャンクで買って、直って動けば万々歳。きれいに磨いて、カリカリりゅうずを巻くだけでも味な物。

 懐中時計は腕時計よりも歴史が古いので、時代物好きにとっては魔のジャンル。一度踏み込んだら抜け出せなくなってしまいそうなので、私は片目を閉じて楽しんでいます。









スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/10/29(月) 14:59:02|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1668 | ホーム | 食味雑記 1667>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2956-c0bbc56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
料理・食 (1698)
時計 (245)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (586)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR