FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1674

鶏の煮物とさんま汁

 あったかい汁ものが恋しい季節になりました。ことに根菜、大根や人参、こんにゃくなど、地中からとれるものが、より温まるような気がします。
 大きめのお鍋で家族分、こういうものはたくさんこしらえた方が美味しゅうございます。

根菜のおつゆ

 お出汁はこれ、サンマのつみれ汁セット。

さんまのつみれ汁セット

 さんまのすり身と濃縮スープのセットです。これは手間がいりません。すり身を握って、お鍋にポイ。

すり身を握って落とす

 つみ入れるから、これ、つみれ。あとはコトコト煮込むだけ。

さんまつみれ汁

 さんまのつみれ汁、準備完了でございます。

 むいた大根の皮は、唐辛子の小口切りと塩もみにして酢をかけました。

皮は塩もみで

 皮のピリ酢です。

 鶏の手羽先は、先っぽ、人間でいうところの手首を切り落とし、胸肉は皮をむしり取って切り刻みます。
 鉄なべに入れて弱火にかけ、油を出しましょう。

鶏の皮から油を出す

 油を抜いたカリカリの皮は、胡瓜と合わせて小鉢にします。

皮キューできあがり

 皮キュウです。からし醤油でいただきますと、とても美味しゅうございます。

 鉄鍋に戻りまして、まず手羽を焼きます。

手羽先を焼いている

 焼き目がついたら、胸肉に茹でタケノコを加え、葱の青み、お砂糖とお醤油をまぶして、染ませるように炒めます。

砂糖とお醤油をまぶす

 全体が茶色く染まりましたら、ひたひたのお水を注ぎ、強火で煮立てます。

味を染ませて水を注す

 落し蓋をして、強火のまま一気に煮上げます。

強火で一気に煮上げる

 状況を見、水分量が減って来ましたら、蓋を取りまして、からめ煮。

汁気が減って照りが出た

 汁気がとんで照りがでましたら、出来上がりです。

鶏とタケノコの煮物

 ニワトリの田舎風煮込みです。

 甘辛い鶏肉に炊き立てご飯。

ある日の食卓

 おつゆに煮物、小鉢がふたつ。鳥類、魚類、根菜に穀物。多品目で充実の食卓になりました。
 中でも具だくさんのさんま汁、この威力が凄い。さんまのダシも乙なもので、目黒の殿様はお気に召さなかったようですが、私はこのツンとくる大衆魚の香りが、根菜に合っていると思います。この一杯だけでご飯が一膳イケてしまいます。

 
 


 











 




スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/11/12(月) 11:31:10|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 527 | ホーム | 菜園記 302>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/2969-1039d4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR