FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 191

まんじゅう時計 2

 今回いじっておりますのは、おまんじゅうのような懐中時計です。

 前回、外装をなめまわしまして、ここまでの姿になりました。

10-ベゼルを開けたら文字板がネジで止まっていた

 文字板が柱時計のようにネジで止まっています。
 この文字板止めネジを外しましたらば、その文字板はペラっぺらの薄っぺら、まるで自分を見るようです。

 文字板が無くなると、その下はこうなっています。

11-文字板を外したところ

 動力ゼンマイの巻き上げと針回しの切り替えがよくわかる構造です。
 普段はゼンマイの巻き上げにのみ作用する巻き真ですが、肩にある小さなボタンを押しますと…

12-針回しのスイッチ構造

 シーソーみたいに歯車が下がって針回しにジョイントします。これがりゅうずを引く規制レバー登場前のダボ押し式針回しです。

 機械をケースから取り出しました。

13-取り出した機械

 ゴシックモンスター登場といった雰囲気ですねえ。ロボット人間、機械人間の中身のような絵姿が素敵です。

 さて、ばらし方、どうする?

 受け板が一枚ものですから、まずはテンプを受け板から離さなくてはなりません。したがって天真の大きなネジを外してみる。

14-天真受けはネジ式

 なるほど、ネジそのものが天真ホゾになっている。

 ヒゲ持ちからヒゲを抜いて、受け板を外しました。

15-受けを開けました

 時計の全体像です。脱進機はフックアンカー方式です。

 こちらはテンプ。

16-テンプ

 コマみたいなシンプルなもので、これなら天真折れの心配はなさそうですが、その代り精度もそうとう粗っぽいとみました。

 次の写真、カブトムシの角が生えたC字型のパーツがフックアンカー。

17-フックアンカー脱進機

 二本のピンが、ガンギ車を止めたり逃がしたりします。

18-フックアンカーの長い爪

 時計輪列をばらしまして、地板には香箱と二番車のみ。

19-地板時計側

 香箱が取れません。どうやら秘密は裏側にありそうです。

 ここで裏返し。再び文字板側です。

20-文字板側

 押さえ板を開けます。筒車を抜いて二番を取り、香箱をカチャカチャゆすっていると、ポロっと香箱が取れました。

21-香箱に蓋はない

 香箱に蓋は無い。地板に伏せる形で収まっているため、蓋は要らない。そしてゼンマイの端がどこにも捕まっていません。
 ではどこに?

22-香箱の芯は文字板側から出ています

 文字板側から突き出た真、ここにゼンマイがつかまっていたのです。巻き上げを担う車が文字板側にあり、その芯がゼンマイをからめとる、つまり香箱の蓋が地板を兼ねているという構造です。

 押さえ板を外しました。下の写真、左の白い車が巻き上げ用というわけです。

23-コハゼと切り替え構造

 そして右の真鍮製の車が針につながる伝え車です。そしてその上にシーソー型の両輪が左右に傾くことによって、針と巻き上げの切り替えが行われるのです。

 では全ての部品を洗浄にかけまして、今回はお開きとしましょう。

24-部品を洗います

 次回は外装と組み立て、鑑賞となります。















スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/12/13(木) 11:13:07|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1694 | ホーム | 時計道楽 192>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3003-d708d6a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
料理・食 (1698)
時計 (245)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (586)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR