FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 192

まんじゅう時計 3

 まんじゅうみたいな懐中時計をバラバラにしまして、部品を洗っているところです。

24-部品を洗います

 お次はケース、細かいスポンジペーパーで錆を落とします。

25-ケースの汚れ落とし

 同じようにカップ型の裏蓋も拭き掃除。

26-カップの汚れ落とし

 このあとりゅうずを洗いまして、機械の方の組み立てに入りました。

27-テンプ以外を組みました

 上の写真はテンプを組み込むのみの状態となっています。
 カブトムシの角のようなアンクルをつつきますと、ピクン、ピクンとはじけるので、どうやらここまでは正常に繋がっているようです。

 ここでテンプを組み込むわけですが、中受け、天受け、ヒゲ持ちが一体になっているので、少々面倒でしたが…

28-シンメトリーな機械

 動き出しますと中々良い眺めです。シンメトリーなレイアウト、飾り気のない素朴な質感に時代の美を感じます。

 安い構造のフックアンカーもせっせと往復運動を始めました。

29-せっせと動くフックアンカー

 薄っぺらな文字板をネジ止め。

30-文字板を取り付けました

 さてケースに収めましょうか…と、その前に、紛失していた押しボタンを手持ちの在庫の中から探しましょう。

31-押しボタンを探す

 こういう時、もらったゴミも役立ちます。

 頃合いの寸法のやつを組みましたが、ちょっと外に出すぎたかな?

32-ちょっと出すぎたけど

 出すぎていれば余分を削れば良いのですが、実用するわけでは無し、一応機能しますから、このままでいいでしょう。

 ケースに収めてベゼルを閉じました。

33-ケースに収めました

 金属質あふれるスッピンの美とでも申しましょうか、仕上げ模様はありません。くすんだ黄銅色の大きな部品たちが重量感を醸します。その分、精密さは少しも感じませんが、大きな天輪がザクザク動く様子は逞しくて強そう。

 ドーム状の蓋をしめてフィニッシュ。

34-蓋を閉じました

 まんじゅう時計です。メーカーもわからず、石も使っていない安作りの普及品ですが、先にも述べましたように、壊れなそうで頼もしい。もしかしたら何かの作業用かも知れません。

35-できあがり

 いやはや、どんな人が使っていたのでしょう?ポケットに入れればかさばるし、かといってぶら提げて歩くにも、大きくて邪魔。側外径でちょうど50mm、厚みが35mm、ほんと温泉饅頭ぐらいのイメージです。

36-不思議なかたち

 まことに不思議な形です。これは落下、衝撃対策の形状でありましょうか?

37-下からのぞく真鍮の色

 ケースの白い金属質の味わいは、昔、フランスの美術館で見た中世の甲冑を思い出します。

 擦り減った大きな提灯みたいなりゅうずは、いかにも昔の提げ時計。

38-大きな菊りゅうず

 見栄をかなぐり捨てて実用に徹したその姿は、労働者の逞しさを感じます。

39-まんじゅう時計

 本日の控え フックアンクル式懐中時計 20型 それ以外はわかりませんでした。その簡素な作りから、アメリカ生まれのダラーウオッチ(Doller watch)の一種ではないかと推察するのみであります。















 







 
スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2018/12/19(水) 11:17:17|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1697 | ホーム | 食味雑記 1696>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3008-da540e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR