FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1715

蕪の葉おやき

 カブの葉っぱは普通に青菜として用いるべきでしょうな。カブ料理と申しますと、どうしても白くて丸い部分ばかりがクローズアップされますので、葉っぱが添え物のように感じられますけど、なんの、葉っぱには葉っぱの美味しさがあるので、もっと注目していただきたいものです。

洗った蕪

 今回は葉っぱが主役です。生の葉っぱと塩漬けの葉っぱを刻んで炒めて、甘辛く味付けをしています。

漬物と一緒に甘辛く煮る

 火を止めて冷まします間に、皮を作ります。

 ホットケーキミックスと小麦粉を同量ぐらいに合わせまして、水を注いで練ります。

粉を水で練る

 分量は計っていませんが、最初から水をたくさん入れません。練りながら加減を見、餃子の皮よりやわらかめに練り、丸めておきます。

種と皮の素

 丸めて置いた時、ゆっくりダラける程度の硬さです。

 皮に粉をまぶして広げ、蕪の葉を中央に盛りまして…

種を革でつつむ

 やわらかい皮生地を引っ張って被せてゆき、袋にとじて、丸めます。

包んだおやき

 これをフライパンに並べて焼きます。

油を引かずに焼きます

 油は引いてません。テフロン加工のフライパンですと、そのままがよろしいかと思います。
 両面が焼けて太鼓みたいになりましたら、熱湯を少しかけまして蓋をして蒸し焼き。

大きく焼けました

 生地にホットケーキの素が混ざっているので、ひとまわり大きくなって焼き上がりました。

 素朴な 蕪の葉おやき です。

蕪の葉おやき

 外周はモチっとしていて、両面はサクっと乾いた感じの焼き上がりです。

 あつあつのおやきです

 ホットケーキの素が膨らんで、そして甘みもあって、皮も堂々たる主食になります。そして中身は蕪の葉の煮物、柔らかくて、ちょっと濃い目の味付けが、厚手の皮によく合います。
 この日の夕飯、これ二つずつで家族三人満足してしまいました。













スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/09(水) 10:33:12|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計道楽 194 | ホーム | 玩具工作控 532>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3037-0e62750a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR