FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1717

たくあんポリポリ

 この冬、漬物を二種類やってます。
 塩漬けの樽には、食べきれない農産物がやたらと漬け込まれています。やたら漬けといいます。大根の葉っぱなどは、いい感じに醗酵しています。

塩漬けの青菜

 でも今日は食べません。これらを一度軽く絞って取り出し、桶に残った漬け汁に、新しい野菜を詰める。

新しい野菜を桶に詰める

 これは先週採ったビタミン菜。ぎっちり詰めまして、塩を振り、取り出した漬物を重ねて詰めて重石をしてまた寝かす。こんな風に追加していく“やたら漬け”ですが、古漬けになった青菜は、塩抜きしてお料理にあれこれと使えます。豚肉と炒めたり、チャーハン、おやきの種、細かく刻んで納豆と和えるなんてのもいいですね。キリがありません。

 さてもう一つの桶は、たくあん漬けです。
 仕込んで三週間が経ちました。

たくあんを引き出す

 先週の段階では、ぬかの若さが気になりましたが、今回はだいぶ熟れているようです。洗って切って盛り付けてみた。

たくあん漬け

 ウコンがほんのり黄色く染めて、見た目も匂いもたくあんです。

 天然素材100%のたくあん漬け。たくあんを見ると思い出すのが、テレビ時代劇『水戸黄門』の一場面。東野英治郎さんが黄門様を演じてた最初のころのやつですが、潜入調査のためだったか、濡れ衣だったか?黄門様、助さん格さんと共に牢にぶち込まれる。出てきた食事がたくあん三切れと粗末な味噌汁。ご老公様に対して何たる侮辱といきり立つ助さん格さんをなだめて「こういうものも良いではないか」とニコニコと笑みを浮かべて、たくあんをポリっと齧る黄門様。それがまた、美味しそうな音を立てるの。子供のころ見たそんな場面を描きながら、朝ごはんの支度です。

朝飯たくあん

 朝めし、たくあん定食です。
 たくあんの漬かり具合、心配だったお味の方も、まあ悪くはありませんが、まだ若いですね。もっと醗酵させれば、まだまだ美味しくなると思います。

たよれるご飯の味方です

 この干し大根の漬物って貧乏くさいですか?私のこれは昨年の9月に種を播いてますから、ここまで三か月以上かかっているのです。貴重なご飯の味方です。

 





スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/12(土) 11:41:53|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1718 | ホーム | 食味雑記 1716>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3043-b46ac563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR