FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1718

牛のスネをかじる

 まだ娘が小さかったころ、キャンプが流行ってまして、ある時、牛の解体イベントに立ち会えたのです。お皿に山盛りの肉を分けてもらったのですが、ものすごく固いのやら、脂だらけやらのがごちゃ混ぜになっているので、焼いて食べるには苦しいと、鍋に放りこんでワインの飲み残しといっしょに、熾火にかけ、結局家まで持ち帰るはめになりました。ところが温め直して食べたその肉が、なんと美味い事か。味付けは塩だけなのに、その美味しいったらない。肉のエキスがギュウっと、牛だけにギュウっと煮詰まった煮汁がわすれられません。

 牛スネ肉の塊があるので、あの味よもう一度と、じっくりゆっくり煮込みました。

 お料理のテキストでは、肉をはじめに焼くとありますが、そういうことはいたしません。ノンオイル、ただ煮るだけです。

鍋に放り込んだ肉

 お鍋に刻んだ玉葱、人参、セロリ、そしてお肉、赤ワインと水の同量割りをドボドボ加えて、ただ煮ました。

 煮たり冷ましたりを繰り返すと、二日目にはこのような感じになります。

二日目の状態

 さらに三日目、一度肉を取り出し、煮汁を野菜ごとミキサーにかけて、お肉共々鍋に戻す。

煮汁をミキサーにかけました

 今回も味付けは塩だけ。粉でとろみもつけません。コトコト煮込んで詰まったら出来上がりです。

 ダシ野菜もすり潰して、全て食べる思想です。

全て食べる思想です

 とろみだって粉による糊じゃないから、口溶けも軽くさっぱりしています。

ビーフシチューできあがり

 粉もバターも不使用の、ただ単なる煮込みです。トマトも使っていません。シンプルな赤ワイン煮込みです。肉でビールを飲みましょう。

肉にはビール

 試食もせずに三日煮込んだ、お肉の状態や如何に?

肉はほろりとほぐれます

 ホロリとほぐれます。味も上々、イメージ通りにできました。スネをかじってビールがうまい。
 だけど美味いものの切なさは、三日かけて作っても、10分で食べ終わっちゃうことですね。




スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/12(土) 20:57:22|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1719 | ホーム | 食味雑記 1717>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3044-11c1d0cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR