FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1724

鮭の粕漬

 子どものころ、魚の粕漬がイマイチ好きになれなくて、大人になった今でも好んで買ったり、注文したりしませんでしたが…

 正月に高級な粕漬をいただいたんです。

鮭の粕漬

 魚は鮭、包みを開けば甘酒と味噌が混ざったような香りがフワァーっと…これが子どものころ苦手だったのです。酒粕なんていらない、焼き魚は塩でいいだろうと強く信じていましたが、焼いてみて考えを改めました。

 酒粕の化学反応のせいか、魚の生臭さは品の良い香りと化し、にじむ油の照りがまた食欲をそそります。横たわる姿も行儀良く、お育ちの良いお魚といった佇まい。

にじむ油の照り

 一箸つければ、豊潤な香りと甘みが口いっぱいに広がって、存在感がみるみる巨大化。いやはや、これに対峙できるような力のあるお酒が家に無く。うん、今回はご飯にしよう。

鮭の粕漬定食

 鮭の粕漬け定食です。
 鮭そのものも脂の乗った上物を使っているのでしょうけど、漬け床の秘密が知りたい。どうしたら魚がこうなるの?
 ホロリとほぐした身をご飯に乗せれば、熱々湯気の拡散効果で酒精を含んだ香りが倍増。

ご飯がすすみます

 これは凄い。この凄さが、子どものころ理解できなかったんでしょうね。今やすっかりハマってしまいそうです。


スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/22(火) 10:44:22|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計道楽 196 | ホーム | 玩具工作控 534>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3054-2e8fb83a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR