FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 199

CITIZEN DATESTAR CUSTOM 3

 お友達から持ち込まれましたシチズンの古い女持ち、ムーブを組み立てたところです。

18-機械を組み立てました

 ここからは外装、まずは文字板です。文字板は触らないのが鉄則です。時字の上の曇りだけを赤粉で拭きました。

19-時字を拭きました

 白い点々は埃、これは吹き飛ばすとしまして、デザインが工業的です。まるで男持ち、いやスポーツウオッチといっても良さそうな顔立ちです。モノトーンで引き締まった機能的な表情は、理系の女性好みでしょうか?(やば、こういうこともセクハラになるのだろうか?)

 えー、お次はバンドです。

 これはおそらく純正ではなく、市販品をお求めになって使っているとお察しします。珍しいブロックメッシュの伸縮バンドです。

20-割れたバンッド

 上の写真、バンドの中央あたりが割れていますね。経年による破損です。破損駒を取り除きましょう。

21-割れた駒を除去

 このバンドは、8の字に曲げられた駒が互い違いに組み合わされて、U字ピンで止められているシンプル構造で、その金属の弾力性で伸縮する仕組みとなっています。ゆえに駒には、常にテンションがかけられているため、弱った所から切れてゆく定めとなります。ま、ちょっと短くなりますが、割れた駒のみ除去しまして、つなぎ直しましょう。

22-駒がそろった

 駒がそろいました。

 さて、いよいよ側付けです。

 側の防水構造を、組みながら見てみよう。

 まずは軽く磨いたステンレス側に見返しリングを落とします。

23-見返しリングをはめる

 この上にゴム製パッキンを被せて、側とリングの隙間を塞ぎます。

24-ゴムパッキンをはめる

 その上からガラス風防を被せて圧縮。

25-ガラスを置く

 外周からガラス縁、つまりベゼルを側に喰いつかせます。

26-ガラス縁で固定する

 バチ!っとはまったら出来上がりです。パッキンが圧縮されてガラス周りの防水構造が成立します。

27-ケースの組み上がり

 リュウズのところはパイプが巻真を保護して、りゅうずに仕込まれたゴムパッキンが包み込む構造。

 機械を側に収めました。

28-ケースに組みました
 
 蓋をしめて完成です。蓋と側の間にもゴムパッキンが挟まります。

29-重心の低いケース

 当時ことばで“強化防水”をうたったガラス固定構造だけに、クリスタルの存在感が強調されています。

30-シチズンデートスター

 実にシンプルで機能性に特化したデザインです。フェミニンな要素は一切なく、実用の美に徹しています。

31-モノトーンな工業美

 ベルトは純正かどうかわかりませんが、シンプルモダンな全体の雰囲気にぴったり。細かい密度感が精緻な印象を与えます。

32-レンスが醸すつやっぽさ

 本日の控え CITIZEN DATESTAR CUSTOM cal.5310 1968年 当時価格11,000円 でした。
 
 ステンレスの味を活かした機能性ウオッチは、加飾を排したとてもクリアーな印象、仕事のできそうな女性像が浮かんできます。
 おっと、こういうことを述べると、またセクハラとか何とか言われそうで怖いですな。お口にご用心。












 


 








スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/02/14(木) 11:11:31|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1742 | ホーム | 食味雑記 1740>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3069-67b5b1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR