FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 544

遊べるジオラマ台をつくろう 9

 前回、箒の先端を縒って作った木の部品です。

木の下ごしらえ

 作りたては、このように枝がすぼまっていますので…

枝のすぼんだ状態

 折れないように気を付けつつ、枝を広げ、不自然なところは適宜カットします。

枝を開く

 上の例ですと、一本左に飛び出てますね、こういうのを半分くらいにカットすれば、やや自然な見た目になります。

 続いて塗装です。

 刷毛で塗りますと、細かい部分に色が回らなかったり、時間もかかりそうなので、缶のままジャブ漬けです。

油性の黒に浸ける

 ここは下地塗り、油性の黒を使いました。水性でやりますと、幹を構成している紙がふやけてしまいます。

一旦乾燥させる

 油性下地が完全に固まったら、水性アクリルのこげ茶で汚しを入れます。

こげ茶で汚す

 次は葉っぱにまいります。

 これも100均のクラフトコーナーで売っている草見立ての装飾材。

緑のクラフト材

 おそらくは、乾燥したミズゴケを染めたもののように思います。

 これを鋏で細かく刻んで準備、枝の方に木工用ボンドを指で塗ります。

接着剤を塗る

 そこを、フライの衣をつけるように、緑の材料で包みます。

フライの衣をつけるように

 こんなふうになりました。

 一晩おいて、完全硬化させましたら、定着材はスプレーで。

スプレーで定着させる

 プラモデルなどに使うクリアースプレーです。

 固まったら、作ってある土台にブスリと刺すだけ。

山の上に刺してゆく

 これでよろしいのです。

 こんなのができました。

このようにできました

 お遊びで一枚。

ゴジラ出現

 ゴジラ出現。

 身近な材料で手軽に作る、遊べるジオラマ台。次回、遊びの展開例を試してみて、終了としましょう。






 









スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/03/18(月) 11:20:34|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 1760 | ホーム | 食味雑記 1759>>

コメント

大怪獣モノ

いつも楽しく拝見しています。
山陰(かげ)からぬっと現れる怪獣の頭って良いですね!
  1. 2019/03/18(月) 12:11:16 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

Re: 大怪獣モノ

キムラ様

お世話になります。
本邦における怪獣登場の記念すべき第一号であるゴジラのシーンは強烈でした。
あいにく私はウルトラQなどで他の怪獣を知ったあとに観た口ですから、そうでもないと思いますが、怪獣という概念がなかったころ、山より大きいやつがこちらをにらんできたら、さぞや恐ろしかったことでしょう。
私の恐怖一番はやはり地下鉄から見上げたガイラでしょうか。
  1. 2019/03/18(月) 12:40:15 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3112-4f644853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
料理・食 (1699)
時計 (246)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (586)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR