FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1766

ハウス バーモントカレー 中辛

 いつもはキレるような辛さのカレーを好んでますが、時に懐かしいやさしいのに会いたくなります。

 こういう時はこれ、昭和から続く大ロングセラー!

ハウスバーモントカレー中辛

 ハウス、バーモントカレーです。リンゴとハチミツとろ~りとけてる、のフレーズでおなじみの50年以上の歴史を誇る定番商品です。子供たちの集まるキャンプなどでは、きまってこれです。野外で食べるカレーは、多少薄くとも美味いったらありませんね。

 さっそく作りましょう。

 こういうものは箱のご指示通りに作るのがベスト、逆らってはいけません。

箱に従って作ります

 まず、肉と野菜を炒めます。今回は鶏のもも肉です。

 この後、水煮にするのですが、この香りがいい。子供のころ外で遊んで家に帰るころ、この香りがすると胸が躍ったものです。カレーかな?シチューかな?と。どちらも好きでしたから。

火を止めてルウを加える

 ルウはいったん火を止めてから。これも箱の指示通り。

 ルウが溶けたら弱火で煮込む。

弱火で煮込んで出来上がり

 小皿でもって味見をするのが何よりたのしい。お皿までなめちゃう。

 頃合いに出来上がりましたら、炊き立てご飯にかけましょう。

正調カレーライスです

 昭和の家庭的カレーライスです。僕ら昭和中期生まれの子どもは、これが大好きです。2008年の映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』の冒頭で、ウルトラマンの初回放送を観る家族がカレーを食べている場面があって、何ともいえない郷愁に涙がにじんだ覚えがあります。

家庭のカレーの温かさ

 日本のお米は、でんぷん質の多いもっちり食感が特徴です。ゆえにとろみのついたカレーがいいのです。ご飯に吸い込まれることなく、ある程度、口に入るまでセパレートを保つことができ、ご飯の白さを維持できます。

 こういうカレーライスは、いくらでも食べられそうでこわいです。









スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/03/30(土) 20:35:31|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1767 | ホーム | イベント案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3129-b9ba9e8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR