FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 211

マルエス掛け時計 1

 またまた古い時計です。

1-汚れたクロック

 ガラス開口径が72mmほどの小型クロックですが、ガラスは外れており、時計も器の中で遊んでます。取り扱い注意です。持ち上げると、カチャカチャ、カラカラいろんな音がします。触った手は真っ黒。

2-ガラスはガクガク

 長い年月ぶつかってきたのでしょう。ガラスの縁がギザギザに欠けています。昔のガラスはもろいですから。

 高さはおよそ68mm。

3-小物入れみたいな形

 外観は、ドーナツ板を絞って成型したような段付きのフジツボ型です。

 裏面です。

4-裏面

 巻きネジが取り付けてあります。ということは壁に固定するタイプではないことがわかります。真ん中は針回し、カーブしているところは緩急調整です。

5-どうやらドイツ製

 下の方に刻印があります。どうやらドイツ製らしいです。

 蓋を開けてみましょうか。それにはまず巻きネジを外しませんと。

9-ネジを外す

 巻きあげ方向と逆に回しましたらネジが緩んで取れました。

 蓋が動くようになったら、スライドさせてそっと持ち上げる。

6-蓋を開ける

 ネジを取ったら時計は完全にフリーとなり、落下の恐れもありますんで、そっと開けましょう。

7-取り出した機械

 被さったケースを開けた状態です。ネジが一本、コロコロ遊んでいる。


 横から見ると…

8-大きなテンプ

 錆とホコリにまみれた堅牢な機械世界は、主を失った古城のようで悪くない。

 文字板を伏せるとこういう感じです。

10-蓋を外しました

 基本的な時計構造ですが、歯車が多いみたい。空気をかけたり少し刺激を与えたりしますと、テンプが動くので、どうやら壊れてはいなそうです。
 
 次回、もう少し突っ込んで見てみたいと思います。













スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/10(金) 11:07:27|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<刃先の芸術・切り絵 | ホーム | 食味雑記 1792>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3171-0e4ffbe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (37)
料理・食 (1698)
時計 (245)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (586)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR