FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 212

マルエス掛け時計 2

 古い時計をバラしています。

7-取り出した機械

 上の写真はカップ型のケースから中身を取り出したところです。

 今回は、外装周りの掃除です。

 まずは文字板を囲んでいる見返しリングから。

11-見返しの掃除

 錆の様子から、鉄系の材料に金色のコーティングがされているみたいです。手入れとしては錆のきつい部分だけスポンジヤスリの極細でこすって布で拭き取り、防錆剤を薄く塗りました。

 カップ型ケースも薄い鉄板のような材質。

12-ケースの掃除

 内側も埃だらけ。

13-内側も丁寧に拭き掃除

 ひとまず乾かします。

14-掃除した外装

 さて、本体の方に参りましょう。

15-文字板は紙です

 文字板は紙ですね。しかも何枚か重ねて貼ってあります。下の層が気になるところですが、今回は何もしないでおきましょう。

 針を外しました。

 秒針のハカマがずいぶんと長いです。

16-長いハカマ

 先が二股に分かれていて、文字通りハカマ〈袴〉みたい。

 ここで、おっ開いてしまった形を直しておきましょう。

19-ハカマを直す

 時分針は、軽く拭いておきました。

 文字板を外してみましょう。

17-文字板を外す

 二か所のネジで止まっていました。

 裏返すと…

18-いびつな形

 あらまあ、いびつな形ですこと。ブリキをハサミで切ったみたいです。

 さあ、外装がすべて取り除かれました。

 これが機械です。

 20-1テンプのところ

 写真はテンプ回りです。次回、中の掃除となります。

 今回はこの辺で。












 
スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/17(金) 10:30:27|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1796 | ホーム | 食味雑記 1795>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3175-9cef3ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (129)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR