FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1794

めしやき

 焼き飯〈やきめし〉の誤植ではありません。飯焼き〈めしやき〉でよろしいのです。

 ならどう違うか?

 焼いた飯なら焼き飯、飯を焼いたら飯焼きとなります。

 まあご覧になって。

 冷や飯の食べ方は、チャーハンにしたり、雑炊おじや、握って焼いたりといろいろですが、今回は小麦粉を振りまして水で練る。そして冷蔵庫を漁って、キャベツの半端ですとか、ウインナーソーセージ、葱の青みなんかがあれば刻んで混ぜちゃいましょう。

冷や飯に粉野菜

 ぐちゃぐちゃに練りまして、熱した油で焼く。

フライパンで焼く

 つまりはお好み焼きの亜種です。

 片面焼けたら裏返して、落し蓋などでペタンコに押しますと、野菜の水分がプシューっと蒸気となって宙に消える。

 両面ほどよく焼けましたら、ウスターソースを染み込ませ、青海苔をパラパラ。

駄菓子屋的おやつです

 めしやき でございます。懐かしい下町の駄菓子屋さんの匂いがします。
 
 昭和40年代の駄菓子屋さんには、店の奥の座敷に鉄板が設えているお店がありまして、もんじゃを焼かせてくれたのです。もんじゃと言いましても、今のようなご馳走ではなくて、バケツに入った薄い粉水をお玉でもってお椀に掬う、ただそれだけ。そいつを焼いてソースで食べるという実にシンプルなものでした。で、そこに加えるトッピング材料として、店で売っている即席ラーメンのくずみたいなのを買ってきて入れるんです。今のもんじゃ屋さんのオプションにベビースターがあるのは、おそらくその名残ではないかと考えます。

 うん、ソースと油の香りが懐かしい。

もっちりの食感

 空気を閉じ込めたふわふわサクサクのお好み焼きと違いまして、水分量の多いペッタンコ焼きです。空気を押し出して焼けたそれは、ご飯の効果でしょうか?もちっとしていて、何だかお腹にたまりそうな満足感です。

 安くて美味しい、残り物でこさえるおやつでした。





スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/05/14(火) 10:44:08|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 549 | ホーム | 食味雑記 1793>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3176-4afb131c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1678)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR