FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1812

お蕎麦屋カレー

 思い出したように食べたくなるのがお蕎麦屋さんのカレーライスですが、そうは申しましても、味の方はお店によって様々。だから一緒くたにはできませんが、多くの場合、餡が重くて味は軽めといったところでしょうか。こと蕎麦屋さんカレーに関しましては、即席ルウやレトルトパックではお目にかかれないので、自分で作っちゃう。

 タマネギと豚のアバラ肉を軽く炒めてます。

豚バラとタマネギ

 普通、カレーと申しますと、玉葱はよく炒めるというのが作法ですが、蕎麦屋風はさっと軽くが習いです。

 出汁で煮ます。

出汁で煮る

 今回はガラスープの素、粉末だしの素、麺つゆ少々を希釈したものです。

 ここにカレー粉と小麦粉を合わせまして…

小麦粉とカレー粉

 水で溶いて糊状にしましたら、煮汁に溶かして糊化するまで煮ます。

粉をよく溶かします

 塩と麺つゆで味を加減したら出来上がりです。

 ご飯にかけて供します。

ライスカレー蕎麦屋風

 もったりとしたお蕎麦屋さん風カレーライスです。ここに着色料で真っ赤になった福神漬けでもあれば完璧なんですが、今日はなし。

 お蕎麦屋さんのカレーがもったりと重いわけは、たぶんこうだろうと考えます。

 まずひとつ、日本のモチモチご飯に合うという事。でんぷん質の高い日本のお米には、吸い込まれることのない、重たい餡がセパレート状態で口に入り、ゆっくりとソースと混ざるほうが美味しいように感じます。そういう意味では、タイ式カレーみたいにサラサラしたタイプには、パラパラの外米が合いますね。

日本の米には重いカレーが合います

 そしてもう一つ、蕎麦屋のカレーが重いわけは、出前に対応できるからではないかと思います。ゆるいカレーだったら、到着したら汁はなし、なんてことになりかねませんから。







 
スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/06/20(木) 11:32:15|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 554 | ホーム | 時計道楽 216>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3213-d5f2fc4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (570)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR