FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1820

月見うどん

 関西の人が東京に出てくると、うどんのつゆが茶色いのに驚くといった話を耳にしますが、関東から東北にかけての人々には普通のことです。ことに江戸のそばつゆは甘辛い、職人が多いところからハイカロリーにできていたと、なにかで見たことがあります。

 若い頃好きだったのが、東京は亀戸駅の立ち食いそば屋、青や黄色のプラスチックの札が食券。窓口で買って調理場に出すと手際よくささっと作ってくれましたっけ。注文はかけうどん。おそばよりうどんの方が若干量が多く見えたのと、お金がないから天ぷらが乗せられない。大人になったら天そばが食べたいなと思ったものでした。

 今日は懐かしい立ち食いうどんを想い出して、袋売りの茹でうどんです。

 醤油勝ち目の茶色いおつゆ。生卵をひとつ、これが駅の月見うどん。

月見うどん

 飾ることなく、見た目も実用重視でシンプルです。玉子はつゆをかける前に落とすのがポイント。白身の上から熱いつゆをかけることで、白身が雲のようにゆらゆらと凝固するのです。

こしのない麺

 コシのない麺、食べやすいよ。人間もコシ〈腰〉の低いほうがいいね。

 食べていると、つるつると黄身がすべって生き残るでしょう?最後の方のお楽しみはこれよ。

最後の方は黄身をからめて

 濃厚黄身うどん。

 味が別物になります。


スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/04(木) 10:51:38|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計道楽 219 | ホーム | 時計道楽 218>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3226-047ca45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1682)
時計 (239)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR