FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1826

夏の小魚

 早い時間に魚屋を覗けば、意外に面白いものが見つかるものです。

 稚鮎〈ちあゆ〉を見つけました。

稚鮎をみつけた

 アユの子どもですね。これで200円ですから、ダメもとで悔いはない。

 稚鮎と言えば天ぷらがよろしいようですが、今回は粉をまぶしてオリーブ油で焼きました。

粉をまぶして油焼き

 箸で持ち上げてみて、ピンと軽く感じたら焼き上がりです。鮎には蓼酢と相場が決まってますくてど、今回はハーブ塩をふりかけました。

稚鮎の油焼き

 清流のきれいな水に見立てた上等な清酒で口を濡らし、お迎え準備は万端です。

 アシカのご褒美のように、頭からかぶりつく。

頭も柔らかいです

 上半身は内臓を食う。ほろ苦いパテのような軽い美味しさ、いいえ、頭だって柔らかくて抵抗ありません。下半身は主に肉ですね、きめの細かい白身がふうわりと口の中でほぐれます。

 夏の小魚をじいわりと味わう。


 



スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/15(月) 14:06:13|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウンペラータ日記 23 | ホーム | 食味雑記 1825>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3234-d9870889
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR