FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 221

OCEAN SUPER 1

 ジャンク時計です。止まっていてりゅうずも動きません。

1-ジャンク時計

 文字板を拝見する限り“Ocean”というのが銘柄のようです。しかし面白いブランド表記です。普通ですと、12時下のメイン表記は上段から、メインブランド、サブブランド、機能その他といった具合に、富士山型にレイアウトされますが、今回の品物は、メインブランドの上に機能表記に近い“CHRONOMETER”がかかっています。一見不自然かな?と思いましたがメインタイトルの“Ocean”が、頭デッカチ尻すぼみな形だけに、“CHRONOMETER”が屋根となって逆富士を形成、安定感を持たせているように思います。しかも1時と11時の棒字の延長上にきれいに納まっていて自然です。

 裏返してみましょう。

2-裏刻印

 ステンレスバック(裏蓋)に簡易防水と表記され、ネジ式蓋のツメかけが刻まれています。

 蓋を開けました。蓋の内側には修理日付のハンコが押されています。

3-裏蓋内面

 “8.1.30”ですか。日本の習慣に基づき、この数字を“年・月・日”とするならば、昭和8年はあり得ないでしょう。2008年だとしたら、わずか10年前ということで、時計のダメージからして考えにくい。そうすると平成8年といったところが妥当でしょうか。

 ケースの中身です。

4-中身

 カサカサに古びた、時計の機械です。この凝り固まった機械をバラして組みなおす。そしてそれが動き出したとなれば、それはそれは気持ちよい。自分の体もできればそうしたいところですが…それは難しい。

 巻真を抜いて、機械を取り出す。

5-下開けです

 ガラス縁(ベゼル)のない二つ物ケースです。つまりは下開け。材質は真鍮にクロムメッキでしょうか。

6-針付きの文字板

 文字板です。“CENTER SECOND”とわざわざ書いてあるところを見ると、小秒針から中三針に移行した直後の時代とうかがえます。そのせいか、秒針がやたら目立つデザインで先端の三角がどうだ!と言わんばかりに主張しています。それにしてもこの秒針長すぎないか?切分からハミデバビデブーです。

 裏返して機械の方です。

7-機械の方

 真鍮の歯車が一つ露出しています。どうやら出車式中三針のようです。

 側止めねじを外しまして、中枠を抜きます。

8-補助リングを外す

 今度は文字板を外します。

 こちらは文字板下の様子です。

9-文字板側ムーブ

 りゅうず一段引きのスタンダードな作りです。
 中央筒車の横にマーク刻印があります。

10-FEGMA500.jpg

 “FEMGA500”ですと。さっそく調べて見ましたらありました。

http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&Femga_500

 10.5型(φ23.3mm)パワーリザーブ35時間、18000振動/時、1940年代の製品のようですが、500番は小秒針タイプなので、本機は中三針の502番となります。

11-機械側

 素性が判りましたところで、次回、分解してみましょう。
















スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/07/17(水) 11:27:38|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1827 | ホーム | ウンペラータ日記 23>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3236-74953c61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1679)
時計 (237)
家庭菜園 (313)
玩具・遊び (569)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR