FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1835

お櫃〈ひつ〉ご飯

 川越の古い桶屋でお櫃を買いました。分厚く切り出された木材が、寸分の隙もなく銅の箍〈たが〉でしっかり絞められた職人技。炊いたご飯が、びしょびしょにも、カラカラにもならない自然の作用を利用した生活用品です。

おひつでご飯

 ご飯が発する蒸気を吸い、そして保持してご飯を乾燥から守るという古人の考えた優れもの。一夜明けてもご飯のコンディションは上々で、固くも乾いてもおりません。

 おかずは沢庵の糠床に突っ込んでおいたキュウリ。

おかずは胡瓜

 若布の味噌汁。これでよし、一汁一菜の朝ごはん。

ほんのりと木の香り

 思った以上にキュウリがしょっぱい。だからご飯を多めに頬張る。ほんのりと移った木の香り。お酒じゃあるまいし、ご飯に木の香りが移ったって、そんなにありがたくはないけれど、これはこれで有りですね。


スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/08/03(土) 08:53:26|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1836 | ホーム | 玩具工作控 559>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3253-823aebed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR