FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 232

No Brand 大理石置時計 3

 コトリと落ちた時計ムーブメントは、地板直径52mmの丸型機械でした。

23-取り出した機械です

 解体してみましょう。

 セオリーに従い、テンプを外しました。

24-テンプをとりました

 懐中時計と同じような貴石アンクル式脱進機です。
 アンクルを外す前にゼンマイをほどこうと、ネジを掴んでこはぜを抜きましたら、ギュルルン!と勢いよくネジが逆回転!もの凄い力で、指を怪我するところでした。さすがはクロックゼンマイ、強力です。おーこわ。

 ゼンマイがほどけたところで、アンクルを外します。

25-アンクルを取りました

 基本的な時計輪列が垣間見えます。

 続いて中受けを開くにあたって、中央の筒カナをどう抜くか?ドライバーを挟んでも動きません。

26-筒カナをどう抜くか

 考えながらも先に動力系統の香箱受けを開けました。

27-香箱受けを開けました

 さあ、どうしたものか?と、こちら側から真ん中のねじ回しを引っ張ってみたら…

28-こちら側から抜けました

 スポっと抜けました。

 このあと、中受けも開けて地板を裸にしまして、さあ、メーカー刻印か何かがあるかなあ?と、くまなく調べましたが、手掛かりになるような痕跡などは見当たりませんでした。無責任だなあ~。

29-地板には何も書かれていません

 きっと失われた台座の底に、ラベルでも貼ってあったのではないかと推測するのみです。

 部品を洗って組み立てます。

30-組み立て中

 香箱受けに打たれた数字はシリアルナンバーのようですが、メーカーがわからないので年代測定も何もあったもんじゃありません。

31-シリアルナンバー

 機械の方は組み上がりましたが、動きがイマイチです。

32-組んでもテンプが動かない

 ちょっともう一度、テンプをバラして調整を試みましょう。

33-ヒゲゼンマイを調整

 次回に続きます。















 
スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/10/02(水) 10:31:02|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1870 | ホーム | 食味雑記 1869>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3315-7fd92b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1681)
時計 (238)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR