FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1885

街のパン屋さん

 近ごろよく耳にするのが“街(町)中華”なることば。ただ街に存在する中華料理屋さんという意味にあらず、そこには昭和を偲ぶ懐かしさが込められています。ご夫婦もしくは家族で切り盛りしているような、ラーメン、餃子、チャーハンなんかを主とした日本製中華お料理屋さんで、戦後、大陸からの引き上げ者が始めたというのがルーツであると何かで聞いたことがあります。そんな街中華も高齢化を伴う後継者問題などで、近年だんだん少なくなってきています。同じように、街のパン屋さんというのも少なくなってきています。いえ、しつこいようですが、オシャレなベーカリーはここには含んでいません。お爺さんが焼いてくれる、昭和チックなパン屋さんのことです。

 初めての商店街をぶらついていたら、私の鼻がヒクリと動いた。昭和の匂いただようパン屋さん。すかすかの棚には、パン粉の勇ましいカレーパン、ポテトサラダをくわえたコッペ、ハムのサンドイッチらが、買ってもらおうという意欲も見せず、じつと佇んでいます。どれもいいねえ、とのぞいていたら案の定、お爺さんが出てきました。私は病気で声が出ず、お爺さんは高齢で耳が遠いからコミュニケーションに難儀しましたが、総菜パン数個と食パンを切らずに一斤買ってきました。

切らずに一斤

 この切らずに一斤の食パンがうれしいの。辞書くらい分厚く切りましてね、辛子とマヨネーズを塗るのです。

芥子とマヨネーズ

 粉チーズとバジルを振ってグリルで焼きました。

粉チーズを振って焼きました

 野菜スープがあれば完全にお食事です。

野菜スープとともに

 焼けたチーズの香りが食欲をそそります。

 モシャモシャモシャっと引き裂けば、中の白い肌が美味しい湯気を吹き上げる。

立ち上る湯気

 じいちゃんが焼いてくれたんだな?と思うと殊更に美味い。やさしいお爺さんだったから。ここが面白いところで、無口な頑固じじいがパンを焼くというイメージはしにくいのね。なぜならば、パンそのものが“やわらかい”とか“あったかい”というイメージに包まれているから、その影響でご主人まで優しい人物像にできあがるわけ。

もしゃっと頬張るパンの味

 口を大きく開けて、ちぎったパンをほお張る。癌で狭まった食道をぐいぐいこじ開けて飲み込む快感は米にも負けない美味さです。

 そうそう、たくさん買ったらサービス券をもらいました。

シャロンのサービス券

 ね?こういうところも昭和チックでいいでしょう?

 お店の名は『シャロン』埼玉県川越市、霞が関にあります。

 


 
 










スポンサーサイト



テーマ:♪♪生活を楽しむ♪♪ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/11/02(土) 16:34:51|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1886 | ホーム | 玩具工作控 579>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3349-978ece14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1800)
時計 (281)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (658)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (70)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR