FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 241

BAVARIA Carriage clock 2

 側から取り出した、時計の中身です。

12-二重のバレル

 動力ゼンマイの入っている香箱が二重になっています。厚みの薄いほうがアラーム用、厚いほうが時計用です。

 表に向けて巻き上げ用のハンドルを取りますと…

13-二重の角孔車にコハゼ

 角孔車が二重になっていて、ハンドルには向かい合ったコハゼが組み込まれています。なるほど、一人二役の巻き上げハンドルとなっています。右にまわせば時計、左にまわせばアラームといった具合です。

14-二重の各孔

 二重の角孔車を取り除くと…

15-大小の角真

 大小の角芯が重なっています。大きいほうはアラーム香箱に直結、中心を貫通している細いほうが時計香箱につながります。

 それでは機械を台座から外しましょう。底にある二ヵ所の止めネジを外します。

16-底板止めネジ

 台座が取れました。

17-底板を取りました

 裏返して、文字板を外します。

18-文字板を開けました

 文字板下の配置です。

19-文字板下のレイアウト

 筒車(時針)とアラーム車の連動がわかります。

 次は裏返して時計側、受け板を開けました。

20-受け板を開けたら

 時針とアラームセット位置が一致すると、アラームストッパーがカクンと浮かんでハンマー軸を開放してハンマー送りが回転を開始、ハンマーヘッドが側を内側から叩くといった仕掛けです。

 テンプ下についているピンは、緩急調整レバーです。

21-緩急調整部品

 この調整レバーは十手みたいな形をしていて、かぎ型の突起が緩急針を左右に動かすレバーとなります。

 上の写真からアラーム系統の部品を取り除き、二番受けを開けます。

22-二番受けを開けました

 こちらが時計輪列です。

23-時計輪列

 脱進方式はピンレバーアンクルです。

 筒カナ以外をすべて取っぱらうと、こうです。

24-地板の様子

 では部品を洗いまして組み込みです。
 まずは時計部分から。

25-時計部分を組みました

 続いてはアラーム系統ですが、肝心かなめのアラームゼンマイが真から外れていたので、蓋を開けて巻きなおしました。

26-アラーム用ゼンマイ

 その他ハンマーなども錆びだらけだったので、錆を落として油を塗って手入れ、組み立てました。

27-アラーム部分を組みました

 すべてを受け板で押さえます。

28-受け板で押さえました

 時計、アラーム兼用巻き上げ車をセット。

29-兼用巻き上げ車

 機械の手入れと修理完了です。

30-機械組み立て終了

 次回は外装の手入れと組み込み、完成に至ります。












 










スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/12/04(水) 11:00:14|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入院日記 4 | ホーム | 入院日記 3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3372-17dec644
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (44)
料理・食 (1813)
時計 (286)
家庭菜園 (336)
玩具・遊び (668)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (134)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR