FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 606

バンダイ ウルトラホーク2号 1

 終活をしてますと、いろんな物が出てくるのです。この前は中学の頃に集めていた世界のコインが出てきましてね、懐かしい気持ちになりました。あのころ、外国の1円玉みたいな低額貨幣をわざわざ100円とか200円出して買って、デザインや手触りなんかを愉しんでいたんですが、まさかね、大人になって出張の余り銭が自然にジャラジャラたまるなんて、当時は知る由もありませんでした。笑い話ですな。

 そしてこんなのも出てきました。作りかけのプラモデル。

作りかけのプラモデル

 いつの物かは記憶にありませんが、商品自体は1999年の物ですから、そんなに昔ではありません。ま、若い人にとっては20年はじゅうぶん昔でしょうけど、我ら50過ぎにとっては記憶に新しい年代です。それにしても我ながら、中途半端な状態で放置してありますねえ。おまけに乗り物本体に一応銀で下塗りしているところが笑っちゃう、この状態でなぜ塗るかね?当時の心理を問いたい。でも何となく、いじっていると、このキットは、ディスプレイモデルであるにもかかわらず、おもちゃっぽいので、行く末に喜びを見出せなくなって、製作意欲が萎えちゃったのかも知れません。だがしかし!私も大人になりました、このままではキットに申し訳ないので、完成させましょう。で、どうせなら遊べる方がいいので、こういうものを持ち出しました。

走る車を一台用意

 チョロQみたいな走る車のおもちゃです。プルバック式のゼンマイが入っています。そしてその車の隣の牽引車をごらんください。実に簡素な設計で、ズバリ、ただの箱、これに嫌気がさして途中でやめちゃったんだと思います。おもちゃっぽいなら、おもちゃにしよう!ということで、黄色い車を分解、動力部分を見てみると…

使えそうなギア

 大きさも頃合い、コンパクトにまとまった走行ギアは使えそうです。

 では、車体部分を作りましょう。車輪の上のガランと開いた空間がいやなので、プラ板を切り出して側板を作りました。

プら版を切り出した

 車体側面に貼りまして、角をヤスリで整えましたら、車体上箱の出来上がりです。

上箱を作りました

 次は、それに合わせた底板です。動力のついた後輪だけを使おうと思うので、前のほうを切断して、長さ調整。

底板の調整

 ネジ止め方式を選択しました。

ネジ止めを選んだ

 やはり動力玩具は修理ができるように作る、これは割と重要なポイントだと思います。

 今回はこの辺で。



 








スポンサーサイト



テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/01/31(金) 10:46:14|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1919 | ホーム | 食味雑記 1918>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3426-bfd32956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1800)
時計 (281)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (658)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR