FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 250

RADO President 1

 壊れ物ではなさそうですが、古い手巻きの時計です。

1-古い時計

 やや小ぶりの男持ちですが、今回はまず、このバンドのお話から始めましょう。

 本体はメッシュですが、留め方が実に面白いんです。

2-めずらしいバンド

 腕を通したら、バンド先端を投げ縄のように引いて締め付け、リングを支点に折り返して受け金具に引っかけて留めるんです。アーミーモデルで見られるようなナイロンリボンの留め構造を金属でやっちゃうという大技。これはメッシュが薄くて柔らかくないとできない構造です。

 次の写真は留め金の刻印です。

3-留め金の刻印

 ドイツ製“FISCHER〈フィッシャー〉”の刻印です。
 
 留め金の側面もイカしてます。

4-横の飾り

 上の写真は受け金具です。フリータイプ(フリーアジャスト)中留めの受けと同じようにスライドして全体の長さ調整をします。

 留め金を組みますとこのようになります。

5-留め金の構造

 スナップでパチンと嵌まります。

 そして特筆すべきは、このメッシュの柔らかさですね。

6-やわらかいメッシュ

 どうです?このクネクネ具合。おそらく本品は1950年代あたりのものと思われますが、現在、ここまで柔らかいメッシュは中々おめにかかれません。柔らかいメッシュの線材は細いゆえに切れやすくなります。という事は使用者に怪我のリスクを与えることになりますから、多くのメーカーは作るのを躊躇し、次第に消えてゆきました。だから今のメッシュは少し固くできており、留め方は美錠かフリータイプとなるわけです。もっとも金ムクの世界にはあるかもしれませんが、私には縁がないのでわかりません。まあしかし、古いものを集めていると、たまにこういう出会いがあるからやめられません。

 では、時計本体に目を移しましょう。

7-時計本体

 側外径31ミリほどの小ぶりで、手首の細い私にはちょうど良い寸法です。

 裏側です。

9-裏の形状

 裏蓋外径から余裕を持たずして、ほぼ垂直に刈り上げ、頃合いの所でアシを挽き落とした無駄のない側形状。

8-裏の刻印

 裏蓋は内ネジ式、刻印は、浅めのプレスでロゴの書体を活かしてます。六か所ある蓋のツメ掛けは浅くて、苦労のキズ痕が微笑ましい。

 では裏蓋を開けましょうと思いましたが、かなり固い。ここで取り出しましたるはエポキシパテ。いつも怪獣を作っている材料です。

10-エポパテを押し付けた

 裏蓋にメンソレータムを薄く塗りまして、…と申しましてもキズを治すためではありません。人間じゃないんだから。つまりは離型剤です。そして練ったエポキシパテを蓋に押し付けまして、富士山型に盛り付けます。山の頂上はつまめる形状に四角くしましょう。

 そして一晩硬化させまして、つまみ部分をペンチでつまみ、グっと力んだら…

11-蓋が開きました

 カチっとほどけて、スルスルスルっと蓋が開きました。

 今回は木工用の軽いタイプのパテを使いましたが、なかなかいいですね、浅い刻印まで転写されています。

12-刻印まで転写できている

 図らずも専用オープナーができました。邪魔になりそうですが、締める時も使いますんで良しとしましょう。

 話が長くなりました、時計の中身は次回となります。




 


 






 


 







スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/12(水) 10:40:14|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1924 | ホーム | またまた、またのご挨拶>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3430-40b72bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR