FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 251

RADO President 2

1970年代っぽい古いラドーの蓋を開けたところです。

11-蓋が開きました

 時計の中身です。キンキラキンの機械を内ネジ式の蓋が、中枠リングを持ち上げて固定する形式です。

13-リング中枠

 風防は球面ボックスプラ風防、カレンダー部分には内面レンズがついています。

14-内面レンズのプラ風防

 中から機械を取り出します。

15-取り出した中身

 シルバー系で統一されたメタリックな文字板仕様にカレンダーの赤がワンポイント。毎日が日曜日、毎日サンデーです。

16-ダイナミックな文字板

 植え字も太く、ダイナミックな印象。カレンダーの重みに合わせてか、ロゴ表記の類が横一列に納まっています。

 文字板を外します。

17-文字板下の構造

 カレンダーです。早送り構造はありません。時針を9時から12時間を往復させて送る仕組みですが、その切り替えが見事なシャッター形式で、目にも止まらぬ速さでチャっ!と一瞬で切り替わります。気持ちの良い反面、針付けの時に前触れが判らない難点があります。

 機械です。メッキ仕様でキンキラキンでございます。有難みはありますが、派手といえば派手ですね。

18-ムーブメント

 では作法に従いまして、解体してみましょう。

 まずはテンプ、リズムを司る反復運動をする大きな輪っかを取ります。

19-テンプを取りました

 動力ゼンマイをほどき、脱進機も取りまして、下から出てきた刻印を見てみましょう。

20-テンプ下の刻印

 “AS1900/01”手巻き6振動/秒、21石の機械です。
 データはこちらです↓
http://www.ranfft.de/cgi-bin/bidfun-db.cgi?10&ranfft&&2uswk&AS_1900

 巻き上げ用の車を二種類取りました。

21-巻き上げの車を取りました

 車を押さえている受け板を開けまして、時計の連結を見る。

22-時計輪列

 5個の車がコンパクトにまとまった直接中三針です。

 歯車をどけてみます。

23-輪列を取りました

 残っているのが動力ゼンマイの入った香箱という部品です。海外ではバレル〈Barrel〉とよばれますが、日本では香箱とよびます。“りゅうず”とか“おしどり”なんかもそうですが、直訳でない日本の時計用語も中々乙なものです。

 そんな香箱までどけますと…

24-香箱を取りました

 地板といいます、全ての土台となるものです。

 このあと、部品を洗って組み立てます。






 













スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/02/18(火) 11:13:43|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プロレス懐古 32 | ホーム | 食味雑記 1926>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3433-9ef78dc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR