FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

鑑賞記 3

QUEEN KONG〈クイーン コング〉日本語吹き替え版
 その名は知っていました。特撮関係の本で知り、怪獣好きとしては、いっぺん観てみたいとは思ってました。今回観る機会にめぐまれましたので、その感想をひとこと控えておきたいと思うわけでございます。

 まあその題名からしてキングコングの類似品というか便乗品なのはおよそ察しがつきますね。キングに対してクイーンですから、これは女王様でございます。そのストーリィには触れますまいが「強い女」が主題となっていまして「キングコング」とは男女が入れ替わった配役構成になっております。
タイトル

 つまりこのブロンドのおニイちゃんがアン・ダロウの立場になりまして、女コングがゾッコンになるお相手です。日本語吹き替えで広川太一郎さんが演じておられます。そしてこのミラーマンの変身のような歯の光演出をみてもお分かりのように、この作品、コメディ仕立てとなっております。
主役は歯が命

 そしてカール・デナムのポジションにあたりますのがこのおっかない女監督。
こわい女監督
 小原乃梨子さんがドロンジョ様仕様で演じておられます。もう全編、広川節とドロンジョ様の掛け合いにベッタリと塗り染められた仕上がりとなっております。つまり日本語版製作スタッフによりまして、ともするとギャグまじりの中途半端な怪獣映画に陥りそうなところを完全にコメディ化したことで作品の味がブレることなく一本にまとまったと言えるでしょう。
 それと私なぞはそうですねえ、広川・小原コンビと申しますと、懐かしき輸入アニメ「チキチキマシン猛レース」のキザトト君とミルクちゃんでして、昭和の小僧にはうれしいキャスティングでございます。お二人の掛け合いが耳に心地よろしいんです。

 一方肝心のコングの活躍はと申しますと、手作り感満点の着ぐるみ特撮で、恐竜や翼竜との戦いもあって中々楽しいんです。
恐竜との死闘
 
 都市破壊もちゃんとございます。
ロンドンで大暴れ
 ロンドンに連れて来られて大暴れ。
 怪獣好きとしてはたまらんクライマックスです。
 コングの芝居も猿に徹していて、変な人間じみた所作とかふざけたところはなく、怪獣の扱いとしては好感のもてる演出となっております。

 まあ世間ではチャチいですとかバカ映画ですとか、いろいろな言われ方をされておりますが、旧型の怪獣好きとしましては背景と色の合わない変なCG怪獣よりもはるかに好きです。

 こういうB級怪獣映画、たまらんですねぇ。
スポンサーサイト



  1. 2013/09/11(水) 22:23:09|
  2. 視聴鑑賞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 140 | ホーム | 食味雑記 139>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/345-3de1f749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
料理・食 (1682)
時計 (239)
家庭菜園 (314)
玩具・遊び (571)
暮らし・修理 (53)
金魚・生き物 (130)
雑貨・珍品 (20)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (30)
花・園芸 (67)
劇場シリーズ (23)
プロレス (39)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR