FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 257

シチズン コスモトロン虎目文字板 3

 70年代の電子時計“コスモトロン”の中身を取り出したところです。

14-虎目石の文字板

 文字板は虎目石にクリアーコーティング厚塗り。基盤は真鍮張り合わせ。針も植え字もゴツイですね、カットガラスのギラギラに負けないように調味されています。この植え字も造型が凝っています。抜きはホームベース型五角形、高低二段の表彰台カット、中央は夜光部分をフラットに残し、文字板中央に向けての滑り台。ここまでくると植字だけでも一つの作品です。このような“高植字〈たかうえじ〉”と呼ばれるゴツいインデックスのバリエーションも70年代の見どころになりますね。

 文字板を外しますとカレンダーです。

15-文字板下のカレンダー

 このカレンダーの送り方式が面白くて、りゅうずを押し込むとカレンダーが早送りされる仕組みなのですが、日付と曜日の二種類があります。これらがどう切り替わるか?こちらをご覧ください。

16-カレンダー送りの仕組み

 上の写真は別の個体の曜板を外したところです。中心下に鶴嘴〈つるはし〉みたいな部品があります。左右に嘴がついた鳥みたいな、特撮好きにはパンドンみたいなと言いましょうか。それが早送りレバーになっていて、文字板を仰向けにしまして、12時側を低くなるように傾けますと、曜板送りの爪が作動し(つまり写真の状態)、手前に傾けますと、このレバーがカチッと下がり日板を送る仕組みとなっています。これは、完成品を何の説明もなく持たされたら、見つけるのに難儀しますが、覚えたら結構面白い機能です。

 組み立てました。

17-組み立てました

 シチズン“コスモトロン”できました。中三列のピン巻きバンドをつけました。

30-コスモトロン虎目文字板

 キズだらけですけど、使える時計になりました。時代でいえば僕が小学校高学年の頃の物です。昭和40年代、中学生になりますと、学校で時計の着用が許されました。当時、電池の時計は高級でハイテク、持っていたならクラスでヒーローになれた時代です。それが皮肉なことに今では数千円で買えるんですから、何とも嬉し悲しき物語。ま、集める方からすれば有難い話ではありますが…

31-カットガラスの味

 カットガラスが効いてますね。思えば1970年代は日本時計にとって激動の時代だったように思います。自動巻きメカから電池式へ、文字板のカラー化、防水に伴うガラス風防の普及、クオーツの登場にデジタル時計などなど、ヨーロッパに倣う時代から日本の時計が自立を始めた時代ではないかと考えます。生物界でいうカンブリア爆発みたいなことが、この時代に起こったように見えてなりません。

32-交錯する光の競演

 本日の控え CITIZEN COSMOTRON cal.7804A 1974年 でした。

 こういう時計を握りしめ、超能力捜査官みたいに時代に想いを馳せると、瞼に映るのはパワフルな日本。今みたいに衛生的じゃなかったけど、お行儀もそれほど良くなかったけど、パワハラやらセクハラやら、理不尽なクレームにおどおどすることもなく、みんな元気でパワフルだったなあ。
人間は、少々バカで元気な方がいいね。









スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/01(水) 10:32:40|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1945 | ホーム | 食味雑記 1944>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3477-3cac1e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (44)
料理・食 (1813)
時計 (286)
家庭菜園 (336)
玩具・遊び (668)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (134)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR