FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 259

おちぶれ四銃士 ルンペン貴族 1

 ルンペン貴族って何よ?

 明治の商館時計の誇りが埃にまみれて廃物と化した、哀れな壊れ物です。

 こういうものです。

1-ジャンクの懐中時計

 捨てるというので、もらい受けたのですが、真っ黒く汚れてすさんだ姿の中にも微かに香る貴族の品格。

 りゅうずを押せば、パカっと開く裏の蓋には虫の刻印。

2-虫の刻印

 三日月にカゲロウのレッツ商会です。

 そして中身は廃墟の臭い漂う心霊スポットのような陰惨な景色が広がる。

3-固まったテンプ周り

 真っ黒く固まったテンプ周り。

 巻き上げ周りも固まっています。

4-固まった巻き上げ

 臭くなる指も構わず、ベゼルを開けましたら…

5-ベゼルを開けた

 緑青を吹いた文字板が露わになる。

6-緑青をふいた文字板

 状態は悪いけど、細身のローマ数字に品格を感じます。

 針回しはダボ押し式、りゅうずを横の小さなボタンを押しながら回すと、針が動かせる仕組みです。

7-針回しダボ

 りゅうずを引き出し、中身を取り出す。

8-手が臭くなる

 大きさと重みが嬉しいね。

 針と文字板を外して、文字板下のレイアウトを拝んでみる。

9-文字板下のレイアウト

 今回は余りに汚いので、分解工程は割愛して部品を洗い瓶に次々に投下、洗ったところで組立工程をざっくり控えることにいたします。だってこれ、地板だけでもこれだけの汚たなさ。

10-部品をとってもこの汚れ

 そして部品ですが、動力ゼンマイが収まった香箱がすでにダメです。写真では見えませんが、ゼンマイの端を引っかける爪が折れて空回りです。

11-香箱のゼンマイ掛けが折れた

 まあ素人のダメもとで、ピンの先端を四角い断面に研ぎまして…

12-ピンの先端を研いで

 香箱外壁に空いた穴から差し込んで、SSフラックスを用いましてハンダづけしました。

13-SSハンダで固めました

 文字板は洗えば蘇る瀬戸干支。

14-洗った文字板

 文字板の白さが蘇ると、いくらか貴族の誇りを取り戻したご様子。

 それでは次回、組み立ててみましょう。

 















スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/15(水) 10:19:54|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1953 | ホーム | 食味雑記 1952>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3500-b1de511b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR