FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 260

おちぶれ四人衆 ルンペン貴族 2

 捨てられた商館時計をいじっています。真っ黒の部品を洗ったところで組立開始、まずは地板に香箱をセット。

16-洗った地板に香箱を嵌める

 つづいては巻き上げ系統の取り付け。

17-巻き上げ系統の組み立て

 周りのリューター模様も浮き上がってきました。

 時計輪列を配置しまして…

18-輪列レイアウト

 ザラ回しまでは確認したものの…

19-残すはテンプをつけるだけ

 アンクルがゆるゆると張りがないので取り出してみたら、ツメ石部分と振り竿が分離して緩んでいました。

19-2アンクルが緩んでいた

 向きを確認して押し込みましたら、動きは改善しました。
 あとはテンプ周りを取り付けたら、機械の方は出来上がりです。

 ここで側の手入れです。これがまた汚れまくっておりまして難儀しました。

 まずは分解。

20-蓋の開閉ばね

 手前の弓形の錆びた鉄部品は、蓋の開閉バネで、側の内壁に突っ張って貼りついているものです。

 蓋つきの側が0.800の銀製、銀拭きクロスでひたすら拭きあげ。

21-側はひたすら拭き掃除

 刻印も浮き上がってきました。

15-レッツ商会の文字

 カタカナで打たれた“レッツ商会”の文字が愛らしいです。

22-ガラスの傷はあきらめる

 風防ガラスの傷はあきらめましょう。

 針は銅針、形を整えたら赤粉で拭いて、スワロフスキーのクリスタルを嵌めました。

23-針にクリスタルを入れました

 機械を側に組み込んだら出来上がりです。

24-側に機械を納めます

 レッツ商会懐中時計、ルンペンも風呂に入ったら紳士の風格を取り戻したみたいです。

25-ガラスを嵌めてできあがり

 本来は裏の機械にもガラスが付きますが、今回は丁度いいのがなかったので付けません。

26-ガラスは無いけれど

 でも実用するわけじゃなし、機械が生で見えて楽しいじゃありませんか。

 しかし結局この後、テンプの動きが悪くて、動力ゼンマイを交換したり、香箱の修正をしたりして5回ぐらい分解組み立てを繰り返しました。でもあれだけの汚れ物が動くようになると気持ち良いものです。

27-レッツ商会懐中時計

 明治おちぶれ四人衆、ルンペン貴族改めまして、レッツ商会銀時計の手入れを終わります。

 次回は金色ダンディです。
















スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/22(水) 10:43:32|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1957 | ホーム | 食味雑記 1956>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3501-fc37b666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR