FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1949

春の香り

 地面からニョキニョキと生える筆、土に筆と書いて土筆〈つくし〉とは味な当て字だね。

 女房が散歩ついでに摘んできた土筆。

つくしと蕗の花

 家の周りは田んぼ地帯だから、人に会うこともなく散歩ができるので、外出自粛とはいえリハビリで歩く分には許されるだろう。

 自然の恵み、季節の食材がただとは嬉しいね。

 まずは下ごしらえ、ハカマを取る。この節を取り巻くギザギザがハカマ。

土筆のはかま

 食べられないこともないけれど、舌触りを考えてパリパリっと外す。

根気のいる作業です

 まあ面倒くさい作業だけど、時間はたっぷりあるので、チマチマ外す。

 次は下茹で、グラグラに沸かした湯に投入すれば、たちまちお湯がアクで黒くなる。

下ゆで

 2、3分泳がせたら、湯を切って水に放つ。

水に放してアク抜き

 焦げ付かないタイプのフライパンに水を切った土筆を投入。

鍋で乾煎り

 加熱すると含んでいた水分がジュクジュクジュクーっと上がってくるので、一回ザルにあけて水を切り、土筆を鍋に戻す。

砂糖と醤油で味付け

 ここで胡麻油少々、砂糖、醤油、みりんで加減をしたら、しばし炒り煮。

タレが流れなくなったところ

 煮汁が流れなくなった頃合いで引き上げ。

土筆の炒り煮

 土筆の炒り煮、胡麻掛け。

土筆で春の味

 玄米を噛みしめて春の香りを味わう。

 家族で夕飯を囲むと、女房が面白いことを言い出した「今どき土筆を採って食べるのってウチぐらいのものかしら」だって。
 考えてもみなかったが、なるほどそうだろうね、今では簡単で美味いものが山ほど安く売ってるんだから、こんな面倒くさいことはしないだろう。でもね、買ってこれない季節の味ってのもあるんだと、この時想った春の夕餉。










スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/09(木) 10:47:16|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<玩具工作控 628 | ホーム | 時計道楽 258>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3507-dda55e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR