FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 1960

スルメの炒め煮

 乾物というものは、その保存性ゆえ、時に食べるのを忘れてしまうことがあります。棚の奥に貼りついた何年物かもわからなくなった古いスルメ、このまま焼けばたちまち炭になるのが目に見えて分るほど乾ききった哀れな姿、捨てる前に試しに一晩水に漬けておきました。

戻したするめ

 やわらかく潤ったスルメを炙るかどうするか?思案の末に思い至ったのが、醤油をしませた炒め煮です。

 細く切ったスルメと、同じような大きさに刻んだ大根の皮といっしょに、葱、ニンニク、醤油で炒めて、戻し汁で軽く煮ました。

細切りにして炒める

 捨てるには忍びない古いスルメの活用法、みなさんは真似をなさらないように、やるなら自己責任でお願いします。

スルメの炒め物

 スルメと皮大根の炒め煮です。素性を知っている家族は手を出しませんでしたから、私が一人で食べましたが、中々乙なお味でした。だからといって、このためにわざわざスルメが傷むのを待つのは、阿呆というものです。

 


スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/04/30(木) 09:43:25|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菜園記 319 | ホーム | 時計道楽 261>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3535-5ff9cf28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR