FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

玩具工作控 640

BANDAI リアルアクション 初代ゴジラの修理 2

遊び疲れてへたったゴジラの皮をむいたところです。

5-中からメカが出る

 これから修理をいたしますが、壊れた部品はあきらめましょう。

6-折れた部品はあきらめる

 使えるところは生かしましょう。尻尾のジョイントは折れているのであきらめ、構造を見直し。

 ここで、捨てるVHSビデオテープからとった板ばねを採用。

7-板ばねを仕込んで

 尻尾に切れ目を入れて板ばねを差し込み…

8-蓋をしてパテで埋めました

 エポキシパテで埋めて固定します。固まりますと、尻尾のまん中辺が弾性を持って動かせるようになります。そして尾の付け根も、がっちり固定ではなく、ピンとキャップで連結、カクカク動くようにしました。

9-接続を可動式にした

 ただしかし、このままでは体の重さに負けて、上体がのけぞってしまいますので、押しバネを挟んで広げます。

10-押しバネを組み込み

 これで弾力をもった尻尾の取り付けになります。…と、こうなったら尻尾を動かしたいと思うのが人情です。

 脚の前後運動に連動させて、尻尾を吊り上げたい。ここで被せる皮と骨格をならべて、股の高さを確認です。

11-又の高さを確認

 赤い線が股の割れ目になっているので、そこより上なら細工が可能という事になります。

 日本のからくり人形をヒントにしまして、足の骨格と尾の一部をひもで連結。

12-尻尾をひもでつないだ

 右足が前に出ると、尾の先端が持ち上がるという寸法です。

 皮を被せました。

13-皮を被せたところ

 試運転してみますと、思ったほどは動きませんが、尻尾がただついているだけではなく、力を感じる動きをするので、それなりに効果はありました。

 次回は足の裏パーツと仕上げです。







 









スポンサーサイト



テーマ:ホビー・おもちゃ - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/05/22(金) 10:31:02|
  2. 玩具・遊び
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新・お茶の間劇場② | ホーム | 食味雑記 1967>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3550-09487c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
怪獣、時計に小料理飲酒、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1782)
時計 (275)
家庭菜園 (326)
玩具・遊び (645)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (131)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (70)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR