FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 268

SEIKO ロードマチック 5606A

 時計の古漬けってこういう感じですかね?

1-ジャンクの時計

 何でももらう柊horiiです。これはもらいものです。売り物だったら、もう少しきれいにしているでしょう、高く見せたいんだから。そこへ行きますと個人所有の正直者は汚れたまんまですから、洗い甲斐があるというものです。

 セイコー“ロードマチック”、実に三個目です。

2-裏の刻印

 刻印に打たれているように、この品物には裏蓋がありません。中の機械は風防側から取り出す上開け構造となります。

 凝り固まった汚れを押しのけ、ベゼルを外す。

3-ベゼルを開けました

 ガサガサガサガサ… 錆びた刀もかくやとばかり、こぼれ落ちるのは積年の汚れであります。

 箍〈たが〉の外れたプラスチックの風防を開けると、りゅうずの脇からのぞく小さなレバー。

4-オシドリレバー

 レバーの穴にピンを当てて、押しながらりゅうずをつまんで、巻真を引き抜くと、中枠リングと共に機械が取り出せます。

5-中身を取り出す

 はあ、これで気兼ねなくケースをジャブジャブ洗えます。

 中性洗剤を希釈した溶液につけ、歯ブラシでざっくり洗ったあと、超音波洗浄機で細かい汚れを落としたら、紙やすりで12時6時方向に目付をしました。

6-側を洗って仕上げを入れる

 伸びやかなタテ目を入れたかったんですが、風防受けが壁になってますから、どうしてもチマチマしてしまう、腰の弱い目付になってしまいました。

 次は風防です。ブラスチックのボックスタイプなんですが、一か所欠けていて、さらに汚れが詰まって虫歯状態。これじゃあ白文字板に見苦しいというので、刃物で黒い汚れ取り。

7-風防の汚れを削る

 今回も歯医者さんごっこです。黒い部分を削り落としましたら、凹んだ部分にUVレジンをたらして硬化。

8-UV樹脂で埋めました

 まあきれいには直りませんが、黒い汚れは目立たなくなりました。

9-痕は残りました

 今回はこのへんで。










スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/06/17(水) 10:13:32|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1975 | ホーム | 食味雑記 1974>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3573-f5dc19b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1800)
時計 (281)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (658)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR