FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 270

RICOH ダイナミックオート 1

 国産自動巻き1960年代と思われます、リコー“ダイナミックオート”の壊れ物です。

1-ジャンク時計

 りゅうずは固まって動きませんし、時計を振っても動きません。乾いた音がカシャカシャ鳴ります。それゆえ中身を見たがる変態おじさん。

 こちらは裏側。

2-裏側

 筆記体のメインタイトル、オールドスタイルのサブタイトル、その他表記は標準ゴシックという、用途に合わせて書体を変化させた刻印形式が味ですね。工業製品でありながら、筆記体が加わると、たちまち美術的なクラシック風味が漂います。

 蓋を開けました。

3-蓋を開けました

 自動巻きの錘がすでに外れてます。カシャカシャの原因はどうやらここ。

4-ベアリングがとれてます

 訂正しよう“外れている”ではなくて、破損ですね、壊れています。ベアリングが無くなっていて、錘は支えを失って宙ぶらりんです。

 機械の方に悲しく残る、中央の止めネジ。

5-錘の止めネジが残る

 機械の固定は、側止めネジの上開け方式。

6-側止めネジ

 ネジとりゅうずを外したら、ベゼルを開けて上から機械を取り出す。

7-中身を取り出した

 文字板もけっこう傷んでますねえ、ベゼルから侵入した水分によるクリアーの腐蝕と生地の錆びなどいろいろ。

 針と文字板を外しました。

8-文字板下の機械

 文字板下のレイアウトですが、カレンダーの押さえがありません。文字板がダイレクトに蓋をする形になります。まさにダイナミック。

 裏返して時計側を見ましょう。

9-錘を取った機械

 錘の無い状態ですが、自動巻き上げ装置は付いたままです。

 巻き上げの蓋を外してみましょう。

10-自動巻き押さえをはずす

 下から出て来たのは巻き上げ車三個。その下にあるのが切り替え用の車。

11-切り替え車

 錘の回転方向に従って、伝える力を左右に振り分けます。錘がどちらに回ってもゼンマイを巻き上げる両回転巻き上げとなります。

 これを外しますと、機械の原型、手巻きの状態となります。

12-手巻き状態の機械

 続きは次回、今回はこのへんで。




 













 

スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/07/01(水) 10:20:13|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1979 | ホーム | 食味雑記 1978>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3590-e9ead57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (43)
料理・食 (1798)
時計 (280)
家庭菜園 (331)
玩具・遊び (657)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (133)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (31)
花・園芸 (70)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR