FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 272

RICOH ダイナミックオート 3

 1960年代と思しき国産時計、リコー“ダイナミックオート”の機械です。

21-組み立てました

 上の写真は基礎状態です。つまりは手巻きの機械です。ここに自動巻き上げ装置を合体させますと、自動巻きになりまして、オートマチックとよべるようになるわけですが、今回は巻き上げの回転錘が壊れているので、手巻きで完成させたいと思います。せっかくのダイナミックオートがダイナミック手巻きになってしまいますが…

 文字板と針をつけました。

22-針をつけました

 文字板は軽く絞られた球面形状で旭光挽き放射目付け、棒字インデックスはエンボス突き出し山切りカット。ここで面白いのは、棒字の処理ですね、エンボスと放射目の組み合わせは中々むずかしい、なぜならば棒字が飛び出しているがゆえに壁となり、棒字の外に放射目が入らないからです。ところがこのモデルは、棒字を見切りぎりぎりまで伸ばしていながら、山切りカットを途中で区切って一段落とし、棒字そのものを短く認識させているわけです。そして凹んだ外周部は五分切り分に見立て、同列に丸点切分をならべて、全体をしっくりまとめています。カレンダーの窓枠も、棒字の内径にきれいに沿って、自然な形の円形広場を形成しています。線に無駄のない、とてもきれいな文字板だと思います。

23-耀くRのシンボルマーク

 筆記体のロゴに輝く“R”のシンボルが、これまたいい味です。ほらここ、Rマークと12時棒字の間の質感が、周りと微妙に違うのがおわかりでしょう?棒字ほどではないけれど、Rのマークも浅く飛び出ているので、放射目が弱くなっているんです。でもこのくらいを許容範囲にして、Rマークをを光らせたことは、正解だったと思います。

 次は側の方の手入れです。

24-側の手入れ

 真鍮製の金メッキ側ですから、鏡面が基本ですね。汚れを落としたら、赤粉で磨きます。

 できた側に機械を収めます。

25--側に機械を収める

 手巻き状態ですみません。おなじみ“トンボの本『国産腕時計 タカノ・リコー編』”によりますと、本機、リコーダイナミックオート33石こそ、静かさやコスト高な歯車式の巻き上げ機構が見どころなのに、省略してしまいました。味噌が自慢の味噌ラーメンを醤油にしちゃったみたいで申し訳ないですが、壊れているので仕方ないですね。しかしこのモデルは、りゅうずがつまみやすい大きさだったので、手巻きにしても使えます。自動巻きの場合、時に自動巻きであることを主張するため、りゅうずが小さく設計されているものが多々あります。そういう場合はちょっと、手巻きにするのは諦めますけど、今回のモデルは手巻きでも活かせます。

 蓋を閉じて、作業終了です。

26-ダイナミック手巻きです

 リコー、ダイナミックオート改め、ダイナミック手巻き!ごめんなさい、そんな銘柄ありませんが、実にベーシックないい時計だと思います。

27-なめらかなケースライン

 タカノの技術を継承し、セイコーの対抗馬となるべく国(当時の通産省)の後押しを受けて誕生したリコーの時計、知ってみると好きになります。

 本日の控え RICOH Dynamic Auto 33石 1963年から数年のあたり 当時価格9500円(参考) でした。

28-リこーの紳士時計です

 話のついでですから、次回はタカノを見てみましょう。










スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/07/15(水) 10:14:50|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1985 | ホーム | 食味雑記 1984>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3592-9a927f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR