FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 274

TAKANO シャトー 2

 昭和30年代に作られたタカノ・シャトー19石の機械です。

11-中の機械

 美品ですが壊れ物、りゅうずを回してもゼンマイが巻き上がりません。ということは、巻き上げのストッパーが壊れているかな?と怪しい箇所を拡大してみたら、やはり…

12-角穴車が乗りあげています

 動力ゼンマイに直結する大きな車(角穴車といいます)が緩んで浮いて、手前の小さなストッパー(コハゼといいます)に乗り上げています。これでは空回りして巻き上がりませんね。故障個所が判ったところで、分解に入りましょう。

 まずリズムをとる反復運動をする輪っか(テンプ)を取りますと、大きなアンクル押さえが見えます。

13-大きなアンクル押さえ

 これは丈夫そうです。ねじ一か所、固定ホゾ穴二か所の安定設計です。

 ここも外しましょう。ここを外すときは必ずゼンマイをほどくのが決まりですが、この時計はずっとほどけています。

14-脱進機を外したところ

 りゅうずから繋がる巻き上げ系統の歯車二つと、時計輪列の押さえ板を開けますと…

15-巻き上げ輪列と受け板を外しました

 ほら、前回のリコーとそっくりでございますでしょ?下の写真はリコーです。

16-中受けをとりました

 リコーの元になっている機械なので、それもそのはずです。同じように斜めにしてみましょう。

16-輪列を立体的に見る

 ほら、おんなし。

 時計歯車を外しました。

17-フラットな二番受け

 ぴたりと嵌まった二番受けが気持ちいいです。ここもリコーに継承されています。

17-香箱受けを開けました

 ほらね。

 部品をバラしまして、洗浄です。

18-部品をばらしたところ

 組み立てながら、連動を確認します。

19-部品を洗って巻き上げ確認

 故障個所も治りまして、きれいに回転します。

 文字板と針をつけました。

20-針をつけました

 モノトーンでキメた、シンプルで華奢なデザインが美しい。

21-流麗な文字表記

 機械を側に収めます。

22-機械を側に収めます

 タカノ・シャトー復活です。

23-ヘッド完成です

 やく60年ぶりの息吹きです。おなじみトンボの本『国産腕時計 タカノ・リコー編』によりますと、本機TAKANO‐521は、1960年(昭和35年)の販売開始で、23石であるcal.541の石数を減らした普及品であるとのことです。元になっているcal.541こそ、機械厚3.5mmを実現した、当時における高級品(ハイレベルな製品)であったものの、新規参入のタカノは、セイコー帝国の前に知名度の低さは如何ともしがたく、安い値付けによる低収益などがじわじわと企業の体力を奪ってゆき、いよいよ最後という時に、三愛グループ総帥、市村清によって『リコー』として再建されるのです。だから、上の写真で証明した通り、タカノは絶滅したのではなく、リコーとして生きていたと考えた方が自然な感じがします。恐竜が鳥になったように。

 そんな想いで、タカノ・シャトーを手に取ると、上手いのに売れなかった演歌歌手のようで何だか愛おしい。

25-タカノシャトー19石

 本日の控え TAKANO Chateau 19石 cal.521 1960~65年 当時価格5,750円(参考) でした。

 時計というからには腕につけて歩きたいけど、革バンドは違うものに取り替えよう。なんせ当時モノなので、資料的に保存しておきたいですからね。こういうところはケチ臭い私。


スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/07/29(水) 10:36:44|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<食味雑記 1991 | ホーム | 食味雑記 1990>>

コメント

いつも楽しく拝見しております。
名品の呼び声が高いタカノ・シャトー!
  1. 2020/07/30(木) 10:13:23 |
  2. URL |
  3. キムラ #-
  4. [ 編集 ]

キムラ様

お世話になっております。
今回は状態のいい壊れ物に出会えて幸運でした。どうも早めに壊れてくれたようで(笑)部品がきれいでした。名前も洒落てますね、ご当地名古屋城にちなんだとか。セイコークラウン、シチズンデラックス、タカノシャトー、語感が昭和風味満点です。
  1. 2020/07/30(木) 12:48:17 |
  2. URL |
  3. 柊horii #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3608-253faf6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR