FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 276

シチズン ヤングホーマー 2

 1960年代、シチズンのヤングホーマーです。

 中の機械はcal.0270,Homar0200系統の廉価版です。

10-時計の機械

 壊れては無さそうなんですが、テンプ(大きな輪っか)の振りが悪い。よく見たら、ヒゲ(細い渦巻き)が乱れて一部くっついてました。

11-ちょっとヒゲが乱れています

 テンプを外します。

12-テンプを取ったところ

 下から出てきた刺股〈さすまた〉みたいなのは、アンクルといいます。解放したい歯車の動きを抑え、テンプの反復に従って歯車を等間隔に開放して、時計としての規則正しい動きを実現するところです。

 そのアンクルを除きますと…

13-アンクルを取りました

 残った動力が解放されてシャーっと歯車たちが回ります。なので、ここを外すときは、動力を全部開放するのが作法です。

 動力ゼンマイを巻きあげる大きな歯車を外しますと、ヘアピン状のバネが見えます。

14-コハゼの部分

 コハゼバネと申しまして、作用しているヒヨコみたいな小さな部品(コハゼ)を押して、ゼンマイの逆転を抑えるストッパーとなっています。

 ここを開けますと、ゼンマイの入った円筒の器が出てきます。

15-香箱受けを開けたところ

 これを香箱と呼びまして、中に動力ゼンマイが射込まれています。

 残りの蓋、受け板と申しますが、これを開けると、時計の輪列が見えます。

16-時計輪列

 動力が伝わる流れの図です。

 横から見ますとこんな感じです。

17-二番別受け二層構造

 部品を取りますと、さらに一枚、真ん中の車(二番車)だけを抑える、二番受けがあります。

18-二番受け

 ここも開けますと、いよいよ土台が出てきます。

19-地板の形状

 これを地板と申しまして、全ての基盤となるわけです。

 今回は、少々説明的な話しぶりになってしまいましたが、夏休みです、こういう機会に時計というものの仕組みを知っていただいて、興味をひとつ増やしていただければ、これ幸いに思います。

 このあと、部品を洗って組立と続きます。













スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/08/12(水) 11:06:59|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 1997 | ホーム | 食味雑記 1996>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3625-ef13eb81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (44)
料理・食 (1813)
時計 (286)
家庭菜園 (336)
玩具・遊び (668)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (134)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (30)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR