FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

時計道楽 285

セイコー ロードマチック5605 3

 古いセイコーの機械をばらしたところです。

22-地板

 とは申しましても、カレンダー部分は省略してますが…

 部品を洗って組み立てました。

23-組み立てました

 自動巻きの錘をつける前の状態ですが、実にメカニックで安心感のある機械です。

 文字板と針をつけました。

24-イカした針

 イカした針ですねえ。針体に対して横目が挽かれています。この粗いギザギザがテカリを抑えつつ、高級感を損なわない、程のよい光沢を放ちます。また、細かいストライプという点で、イメージ的に真面目な印象を与えます。文字板がスーツなら針はネクタイといったところでしょうか。

 ステンレス製の側を掃除します。

25-側を磨く

 鹿皮に青粉をつけて、しこしこ磨きました。

 機械の方を下胴に組み込みまして…

26-側に組み込んだ
 
 上胴にパチンと嵌めましたら、時計ヘッド完成です。

27-ヘッド完成

 実に均整の取れた角型フェイスです。四辺が膨らんだクッション型、日本式に申せば三味線の胴になぞらえてシャミなどと呼ばれる形ですが、こういう見切りに時字を配置するのは難しい、針は中心から回転運動をするわけですから、四方と対角では距離が違います、ゆえに対角における時字の距離の置き方が難しいのです。その点、この時計はハンサムですね、切分が無いことも影響しているでしょうが、色白で、今風に言えば塩顔っていうのですか?いい顔です。

セイコーLM5605

 バンドをつけてみると、そのシルエットを延長するように自然に流れるケースラインがいいですね。腕に巻く、という目的に適ったデザインです。

29-四角フェイスの男らしさ

 本日の控え セイコー ロードマチック cal.5605A 1969年製 でした。

 直線的な四角い形は、当時、都会的なイメージだったのでしょうね、ザ・サラリーマンといった雰囲気がにじみます。七三のポマード頭にゆるい背広、たばこ、たくさんの書類に黒電話… こういう時計を眺めていると、頭が昭和に飛んで行ってしまいます。









スポンサーサイト



テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/10/14(水) 10:45:19|
  2. 時計
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食味雑記 2019 | ホーム | 金魚の部屋 52>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3683-68f9d667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (50)
料理・食 (1911)
時計 (329)
家庭菜園 (372)
玩具・造型 (771)
暮らし・修理 (56)
金魚・生き物 (137)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (36)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (35)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR