FC2ブログ

柊 萬控へ<ひいらぎ よろずひかえ>

料理、時計、怪獣、家庭菜園など趣味のあれこれを書き控えてまいります。

食味雑記 2023

若春菊の香り

 若い春菊がとれたので、茹で鶏と一緒に食べました。

 鶏の胸肉を塊のまま茹でて、汁ごと冷ましておきます。

 春菊は刻んで茹でて、水にさらして絞りました。

 ゴマダレです。

タレを合わせる

 摺り胡麻に胡麻油、麺つゆに刻み葱、それだけ。カンタンでございます。これで中々おいしい。

 絞った春菊を下敷きに、そぎ切りの茹で鶏、タレは別盛りです。

茹で鶏シュンギク

 自分用だったら上からかけちゃうんですが、家族はね、味の濃さ好みが違いますから、別盛り。

 だから自分用にはたっぷりと。

タレをかけて

 食べてみたら単なるに胡麻和えでしょう?いえいえ、こうして味ムラをつけますと、ちょっと趣が異なるものです。

 若春菊の香りは、真冬のよりも淡くで軽いんです。茎もやわらかで苦味も控えめ、だからモリモリ食べられます。


スポンサーサイト



テーマ:料理 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2020/10/27(火) 11:03:09|
  2. 料理・食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<時計道楽 287 | ホーム | 菜園記 343>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hiiragi15.blog.fc2.com/tb.php/3710-9715b83d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

柊horii

Author:柊horii
時計やゼンマイ玩具など、動くものが好きです。野菜を育ててお料理、映画なら特撮、好きなことを好きなだけ、やりたい放題の道楽おやじです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (46)
料理・食 (1832)
時計 (296)
家庭菜園 (343)
玩具・造型 (687)
暮らし・修理 (55)
金魚・生き物 (136)
雑貨・珍品 (21)
健康 (79)
見聞・出歩き (51)
視聴鑑賞 (32)
花・園芸 (71)
劇場シリーズ (31)
プロレス (42)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR